Press "Enter" to skip to content

リップル(XRP)の購入方法や特徴とは?わかりやすく簡単解説!

最近、仮想通貨についてのお問い合わせがどんどん増えている様子。ということは、それほど関心が高くなってきている仮想通貨。

暗号資産とも呼ばれるこの通貨…一見難しく感じますよね?!しかし、実は知っておくと、とても便利なことばかり。

今回は、仮想通貨の中でも特に最近注目を浴びている『リップル(XRP)』 について解説していきます。

リップルがなぜ注目を浴びている仮想通貨なのか?また、日本ではどこで購入できるのか?などなど詳しく、簡単明確に説明していきますので、最後までお楽しみ下さい♪

カジ旅ウェルカムオファー

リップル(XRP)の成り立ち

リップル(XRP)は、ブロックチェーンを使用しない、仮想通貨界ではとても珍しいタイプの通貨です。一企業である「リップル社(Ripple Labs Inc.)」が発行から運営、管理を行っています。

リップル社は元々「国際送金をもっと素早く簡単に安く実現したい」という理念の上、仮想通貨リップル(XRP)を生み出しました。

それから「RippleNet」という国際送金ネットワークシステムを立ち上げ、現在多くの金融機関や国際銀行との連携が進められていることから、 仮想通貨の枠を超えて、国際送金を行う時に「便利なシステム」として、もっと多くの人々が活用されることを期待されています。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは

先ほど、リップル(XRP)はブロックチェーンを使用しない珍しい仮想通貨と申し上げましたが、それではブロックチェーンとは、どんなプログラムなのか?ブロッグチェーンを使用している・していないではどんな違いがあるのかまとめておきます。

ブロックチェーンとは、インターネット上に複数のコンピューターがアクセスして、同時にデータを共有することで、データの耐改ざん性・透明性を明確にしていく、システムプログラムのことを指します。

ブロックチェーンの技術は、ビットコインと共に世の中に発表されてからというもの、この技術を使った仮想通貨がたくさん作り出されました。

というのも、匿名・不特定の人たち同士が監視し合うことで、どの国にも加担せず、どこにも誰にも依存することなく「クリーンな通貨」として担保される、画期的なシステムだからです。

元々「円」のように、日本国が管理・発行している通貨は、国の経済や状況によって価値が左右されるデメリットがあります。しかし、ブロックチェーンを使った仮想通貨は、ある特定の国によって左右されることがない、とても公平な通貨となります。

ところが、その仮想通貨の発想を呼び超えて生まれたのがリップル(XRP)なのです。リップルは「ある特定の組織」が発行・運営・管理しているので、目には見えないですが、国が発行している通貨と少し似ていて、発行元に依存しながら運営されています。

今まで申し上げた通り、これはデメリットになりゆることではあるのですが、逆にこれがリップルの強みとして活きています。リップル社に依存して発行・運営・管理されていることで、送金の速さなど他の通貨にはなし得ないことを実現しています。

この他の仮想通貨にはなし得なかったことを実現していることで、リップル(XRP)は人気通貨へと成り上がりました。

リップル(XRP)の発行枚数は人気仮想通貨銘柄の中でNo.1

人気No.1の仮想通貨ビットコインの発行上限は約2,100万枚でありますが、リップル(XRP)の総発行枚数は約1,000億枚!! 驚きの枚数ですね!しかも、それが全て発行を終えているというところもポイントなのです。

今後新規発行される予定はないとのことで、価値を高めています。現在、発行されている多くのリップル(XRP)は、リップル社と創業者が大半を保有しています。

そのことから、比較的市場に出回っているリップル(XRP)は大きな変動なく、今まで価値をキープしてきました。

しかし、リップル社のスキャンダルが持ち上がり、下落してしまったものの、他の仮想通貨に比べたら通貨価値の上下(ボラティリティ)が少ない仮想通貨のひとつと言えます。

リップル(XRP)の送金は画期的な金融システム

リップルの誕生秘話として、国際送金システムを目的として生まれた通貨とお話しさせて頂きましたが、この章では、そのシステムがいかに凄いものなのかをご説明していきます。

この送金システムは「リップル・トランザクション・プロトコル」と名付けられています。通称“RTXP”です。

リップル・トランザクション・プロトコルの凄い点は、異なる決済手段や通貨であっても、同じ価格で安全に交換できることにあります。

通常行う時の国際送金を思い出して下さい。円をドルに変えて、違う国の銀行にお金を送りたいとき、謎に多くの手数料をとられたりしていませんか?

自分の口座がある日本の銀行と送りたい先の銀行を結ぶために、その間を経由させるための中継銀行たるものが急にでてきますよね??そのため、1回に送金手数料として5000円〜10000円取られることもよくあります。

しかし、このリップル社が開発した「リップル・トランザクション・プロトコル(RTXP)」であれば、 日本円からリップルに、リップルからドルにすぐに交換ができちゃいます。

しかも無料〜格安手数料で送金が可能です。さらに凄いのが、数秒で終わっちゃうことです。

仮に、大手の銀行を通して他国の国にお金を送金したい場合、2〜3日かかるのはざらです。そのため、今までの国際送金の常識を打ち破ったのが、このリップ社の「リップル・トランザクション・プロトコル(RTXP)」というシステムなのです。

この常識を打ち破ったリップル社のこのシムテムは、今となっては世界中の中央銀行と提携に成功しています。アメリカンエキスプレスや三井住友信託銀行や三菱UFJファイナンシャルグループなど、日本でも名のしれた大企業たちが提携先に名前が上がっています。

ブロックチェーンではないシステムでもリップル(XRP)は安全なのか?

リップルの安全性

リップルでは、「プローフ・オブ・コンセンサス:通称(PoC)」と呼ばれる承認システムを採用しています。

このシステムは、リップル(XRP)に対する取引データの処理をリップル社のサーバーで行い、「バリデーター」という承認者によって、その取引が正当化されているのかをチェックする仕組みとなっています。

簡単に説明すると、「一企業であるリップル社の責任で、2重のセキュリティーになっているから安全だよ」ということを謳っています。この「プローフ・オブ・コンセンサス」は、金融機関と変わらないシステムレベルとされており、世界的に信用が高いシステムとして知られています。

ただ、セキュリティー面で安全だとしても、一企業が全責任を追っているため、リップル社が不正を働いたり、経営が破綻でもすると、リップル(XRP)の価値も一緒に共倒れしてしまうのが、この通貨のデメリットとして上あげられます。

リップル(XRP)の購入や使い道

ここまで、リップル(XRP)の特徴について解説してきました。他の仮想通貨にはない強みをたくさん持っていて、とても興味が湧いたのではないでしょうか?

それではここからは、実際にリップル(XRP)を購入する方法だったり、使う方法などの具体的な実務編をお届けします。

リップル(XRP)の購入方法

日本国内の各仮想通貨取引所で、円や他の仮想通貨からリップル(XRP)に交換や購入することが可能です。日本での仮想通貨が取引所で取り扱われるには、厳しい金融庁の審査を通ったものだけが扱われるようになっています。

日本でリップル(XRP)を取り扱っている代表的な取引所をリストにあげておきます。

ビットフライヤー

【特徴】

+取引高日本一

+ビットコインの手数料が安い

+資本金41億円超え

+株主が大手企業ばかり

コインチェック

【特徴】

+取引手数料が完全無料

+国内最多の15仮想通貨銘柄対応

+スマホアプリ完備で10秒で仮想通貨の購入ができる

+東証一部上場のマネックスグループ

+金融庁公認

DMM ビットコイン

【特徴】

+仮想通貨の送金は無料

+証券も扱う大企業DMMが運営

+スマホアプリでは高機能なチャートも使える

GMOコイン

【特徴】

+取引手数料だけでなく、入出金手数料も全て無料

+大手GMOが運営でサーバーダウンの心配がない

+土日祝を含む365日カスタマーサポート完備

+スマホアプリが使いやすく評判が良い

リップル(XRP)の使い道

リップル(XRP)は、世界的にも人気の高い仮想通貨として知られています。その証拠に、世界中にユーザーを持つオンラインカジノサイトで、仮想通貨対応をしているところでは、必ずと言っていいほどリップル(XRP)が使用できます。

もちろん「カジ旅」でもリップル(XRP)のお取り扱いをしています。その送金スピードの速さには、目を疑います。

ぜひ一度、この快適な送金方法としてリップル(XRP)を用いた送金をお試しあれ♪

カジ旅バナー

リップル(XRP)の購入方法や特徴とは?わかりやすく簡単解説!

リップル(XRP)の購入方法や特徴とは?わかりやすく簡単解説!をお届け致しました。

いかがだったでしょうか?

リップル(XRP)について、出来るだけ簡単に解説致しました。国際間でお金のやり取りをするためには必要不可欠な仮想通貨と言っても過言ではない、リップルの購入方法や特徴つかめたのではないでしょうか?!

仮想通貨といえば、投資や投機目的のイメージが強いですが、リップル(XRP)は持っているだけで簡単に国際送金ができるので、とても便利です!

ぜひ、リップル(XRP)を活用して、オンラインカジノライフを快適に便利にお過ごし下さい♪

コメントを残す