Press "Enter" to skip to content

スリーカードポーカーのルール、流れ、勝てるコツを完全網羅!

戦略性と駆け引きを楽しむことができるポーカー。

その種類は多岐にわたり、オンラインカジノでも複数のポーカーを楽しむことができます。

今回この記事で紹介するのは、ライブカジノでプレイすることができる『スリーカードポーカー』です。

一般的にポーカーは5枚のハンドで役を作ることを目指しますが、このゲームは3カードポーカーとも表すことができ、3枚のハンドで役を作るという特別なルールがあります。

普通のポーカーとは違う楽しみ方ができるので、カジ旅でもおすすめゲームの1つです。

最後まで読んでいただければ、スリーカードポーカーのルールや遊び方、勝つためのコツまで知ることができます。

お手持ちの資金を増やせるよう、スリーカードポーカーを攻略しましょう!

カジ旅ウェルカムオファー

目次

スリーカードポーカーのルール

スリーカードポーカーの基本的なルールは以下の通りです。

  • アンティベットとサイドベットに賭けることができる
  • プレイヤーのカードはオープン、ディーラーのカードは伏せて配られる
  • 配られたハンドは交換することができない
  • 通常のポーカーと異なり「フラッシュ」より「ストレート」の方が強い
  • プレイヤーとディーラーの強い役が勝利
  • ディーラーはQのハイカード以上でクオリファイとなる
  • プレイヤーはハンドが芳しくないときフォールドすることができる

スリーカードポーカーで抑えておきたいルールは以上になります。1つずつ詳しく解説していくので確認していきましょう。

アンティベットとサイドベットに賭けることができる

ゲーム開始に伴い、プレイヤーはアンティとサイドベットに賭けることができます。

アンティはゲームへの参加料。サイドベットはゲームを楽しむためのオプションと考えましょう。

ただし、サイドベットだけに賭けることはできません。ゲームに参加するにあたりアンティは必ず必要となります。

プレイヤーのカードはオープン、ディーラーのカードは伏せて配られる

カードはお互い3枚ずつ、プレイヤーがオープン、ディーラーは伏せられて配られます。

プレイヤーは3枚のカード見て、ディーラーより強いカードなのかを予想してください。

配られたハンドは交換することができない

スリーカードポーカーは、配られたハンドを交換することはできません。

そのため、最初に配られた3枚で強弱を見極め勝負することになります。

通常のポーカーと異なり「フラッシュ」より「ストレート」の方が強い

3枚のカードしか使用しないスリーカードポーカーは、フラッシュよりストレートの方が出現率が低いため役の強さが通常のポーカーと逆になります。

  • 他のポーカーとスリーカードポーカーの確率

フラッシュ ストレート
スリーカードポーカー 4.95% 3.25%
テキサスホールデム 3.25% 4.62%
カリビアンスタッド 0.19% 0.39%

このように、スリーカードポーカーだけストレートの出現率が低くなるため、上位役として扱われます。

プレイヤーとディーラーの強い役が勝利

プレイヤーとディーラーで強い役を持っている方が勝利

お互い3枚ずつハンドが配られプレイヤーがゲーム継続を望む場合、アンティに賭けた金額と同額をベットすることでゲームを継続することができます。

ゲームを継続するとディーラーのカードがオープンになり、強い役を持っている方が勝利します。

ディーラーはQのハイカード以上でクオリファイとなる

プレイヤーのハンドが公開されているというゲームの条件から、ディーラーは機械的にルールに従って勝負するかしないかが選択されます。

ディーラーがプレイヤーと勝負するのは、Qのハイカード以上のハンドを持っているときです。

逆にJのハイカード以下だった時、ディーラーがノットクオリファイ(フォールド)を選択するため無条件でプレイヤーの勝利となります。

ただし、ノットクオリファイの時に勝利しても2回目にベットした分の配当を貰うことはできません。その時は、最初にベットしたアンティ分だけ配当が支払われるというルールなので覚えておきましょう。

プレイヤーはハンドが芳しくないときフォールドすることができる

お互いに3枚のハンドが配られ、ゲームの継続を判断するとき、ハンドが弱くディーラーに負けていると思ったらフォールドを選択することができます。

フォールドを選択すると、ゲーム継続のためのベットをする必要はありませんが、最初にベットしたアンティは没収されてしまいます。

スリーカードポーカーをプレイする流れ

カジ旅でスリーカードポーカーをプレイする流れを画像を使いながら詳しく解説します。

まずはカジ旅にログインして、上部にある『ライブカジノ』のタブ >ポーカーのタブ>『Triple Card Poker』というゲームがありますので、こちらのゲームをクリックしてアクセスしてください。

アンティにベットする

ゲーム参加料としてアンティに任意の金額をベットします。

アンティを支払うと、サイドベットにもベットできるようになるので、高額配当を目指して楽しみたい方はぜひ賭けてみましょう。

プレイの継続を判断

お互いに3枚のハンドが配られると、プレイの継続を判断する表示が現れます。

「プレイ1×」を選択するとプレイ継続。アンティ分をさらにベットします。

「フォールド」を選択すると負けを認め、さらにベットする必要がない代わりにアンティを没収されます。

この後、ディーラーのハンドが公開され勝敗が決します。

スリーカードポーカーの役と配当

スリーカードポーカーには、アンティとサイドベットそれぞれの賭け方がありますが、役と配当も異なるので1つずつ解説していきます。

スリーカードポーカーの役

役を構成するカードはあまり変わりませんが3枚で役を構成します。

ミニロイヤル

ミニロイヤル

ミニロイヤルは同じスートのQ、K、Aで構成する役です。

ストレートフラッシュ

ストレートフラッシュ

ストレートフラッシュ連番の数字と同じスートで構成する役です。

スリーカード

スリーカード

スリーカードは同じ数字のカードを3枚持っている役です。

ストレート

ストレート

ストレートは連番の数字と異なるスートで構成する役です。

フラッシュ

フラッシュ

フラッシュは数字に関わらず同じスートが3枚揃う役です。

ペア

ペア

ペアは同じ数字が2枚揃う時の役です。

ハイカード

ハイカード

ハイカードは役を構成するカードがない場合、最も強い数字のカードを指します。

スリーカードポーカーの配当倍率

勝利した時に受け取れるスリーカードポーカーの配当倍率は以下の通りです。

アンティ

アンティはスリーカードポーカーの基本となる賭け方です。

役と配当はアンティを基本としてプレイしてください。

役 配当
ストレートフラッシュ以上 5:1
スリーカード 4:1
ストレート以下 1:1

アンティとゲーム継続のためにベットした分には、ご覧のようにそこまで大きな配当はつきません。

大きな配当を狙いたいなら、サイドベットを上手く活用するようにしましょう。

ペアまたはベター

ペアまたはベターは、スリーカードポーカーで賭けることができるサイドベットです。

自分の3枚のハンドでペア以上の役ができていると配当を獲得することができます。

役 配当
ミニロイヤル(Q、K、Aで同じスート) 100:1
ストレートフラッシュ 40:1
スリーカード 30:1
ストレート 5:1
フラッシュ 4:1
ペア 1:1

ペアまたはベターに賭けると、アンティで倍の配当しか貰えないストレートやフラッシュでも5倍、4倍の配当を受け取れるのが魅力です。

さらに、ミニロイヤルを揃えることができれば100倍の配当が受け取れます。

3+3ボーナス

3+3ボーナスは、プレイヤーとディーラーのハンド合計6枚の中から5枚を使って役を作る賭け方です。

スリーカードポーカーをプレイしながら、一般的なポーカーも楽しむことができます。

役 配当
ロイヤルストレートフラッシュ 1000:1
ストレートフラッシュ 200:1
フォーカード 100:1
フルハウス 20:1
フラッシュ 15:1
ストレート 10:1
スリーカード 7:1

3+3は5枚で役を構成するため、フラッシュとストレートの強弱が通常に戻ります。5枚でロイヤルストレートフラッシュを揃えれば、1000倍の配当を受け取れるので最も大きな配当を受け取れる賭け方となっています。

スリーカードポーカーのコツ

スリーカードポーカーで勝つコツを2つ紹介します。

  • スリーカードポーカーの控除率考えてプレイする
  • 役ができる確率を考えてプレイする

スリーカードポーカーの控除率考えてプレイする

スリーカードポーカーで賭けることができる賭け方別の控除率は以下の通りです。

アンティベット 3.37%(RTP96.63%)
ペアまたはベター 4.49%(RTP95.51%)
3+3ボーナス 8.56%(RTP91.44%)

この表を見て分かるように、スリーカードポーカーで控除率が最も低い賭け方はアンティベットです。

3+3ボーナスは特に控除率が高いので、スリーカードポーカーでは期待値が低い賭け方と言うことができます。

このことから、スリーカードポーカーで勝つためのコツとして「アンティベットで勝負する」や「アンティベットとペアまたはベターを絡めながら勝負する」という賭け方をすることが勝利するコツの1つです。

役ができる確率を考えてプレイする

スリーカードポーカーで役ができる確率は以下の通りです。

役 組み合わせの数 確率
ストレートフラッシュ 48 0.21%
スリーカード 52 0.23%
ストレート 720 3.2%
フラッシュ 1096 4.9%
ペア 3744 16.94%
ハイカード 16440 74.38%

このようにペア以上の役が成立する可能性は約25%。4回に1回しかありません。

つまり、自分のハンドでペア以上の役が出来れば問答無用でゲームを継続するべきですし、ペアが出来なかったとしても強いハイカードがあるだけで勝利する可能性が高まります。

スリーカードポーカーでは、約75%で役が出来ないということを認識して、配られたハンドに応じで上手く立ち回るようにしましょう。

カジ旅でスリーカードポーカーを実践!

最後にカジ旅のライブカジノ『Triple Card Poker』でプレイする様子をお届けします。

1ドルずつベット

まずはアンティとペアまたはベターに1ドルずつベットします。

スリーカードポーカーはサイドベットを絡めると配当が大きくなるので、サイドベットも含めたプレイがおすすめです。

フォールドを選択

配られたハンドは「9・6・5」役の成立はなく、9のハイカードとなるためとても弱いハンドです。

勝てる見込みが少ない場合は「フォールド」を選択し、負け額を最小限にするのがいいでしょう。

フォールドの判断は正しかった

ディーラーのハンドは3のペア。結果的に負けていたので、フォールドの判断は正解です。

再度1ドルずつベット

次のゲームもアンティとペアまたはベターの1ドルずつベットします。

勝率の高いハンドが揃う

配られたハンドは「A・6・6」。6のペアが完成しているので、スリーカードポーカーではかなり勝率の高いハンドです。

そのため、プレイ×1を選択しゲーム継続を宣言します。

ゲームを継続するためさらに1ドルベット

ゲームを継続するためにアンティと同額をベットする必要があるので、さらに1ドルをベット。

あとはディーラーのハンドが自分よりも弱いことを願うだけです。

プレイヤーの勝利

ディーラーのハンドは「Q・9・4」。Qのハイカードとなったため、プレイヤーの勝利です。

ディーラーがクオリファイなので、ゲーム継続分の配当も獲得。総額3ドルをベットして、2倍の6ドルで返ってきました。

スリーカードポーカーは、ゲーム展開も早く簡単に駆け引きが楽しめるのが魅力ですね!

>>>カジ旅のライブカジノ『Triple Card Poker』で遊ぶ<<<

カジ旅バナー

カジ旅でスリーカードポーカーを楽しもう

スリーカードポーカーは、3枚しかカードを使わないポーカーの中でも特殊なゲームです。

ルールが多少異なりますが、ポーカーをプレイしたことがある人なら簡単に仕組みを理解できるはずです。

控除率や役の確率を考えながらプレイすれば、おのずと勝てる可能性が高まります。

スリーカードポーカーを攻略して、駆け引きを楽しみながら配当を獲得しましょう!

【こちらの記事もおすすめ】

コメントを残す