Press "Enter" to skip to content

仮想通貨ビットコインの始め方・やり方を解説【初心者向け】

近年、仮想通貨への注目が高まっています。

なかでも最初に誕生した仮想通貨で、世界中で取引されている「ビットコイン(Bitcoin)」は、名前を聞いたことがあるという人も多いでしょう。

ビットコインの価格は、2021年に過去最高となる約700万円に到達し、大きな注目を集めました。

その時価総額は100兆円を超えており、世界中のトレーダーらによって取引されています。           

  • ビットコインの購入方法・買い方は?
  • ビットコインの始め方は?
  • ビットコインの取引方法は?

ビットコインを始めてみたいと思いつつ、こんな疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、仮想通貨ビットコインの始め方・やり方を初心者にもわかりやすくご説明します。

それではさっそく、見ていきましょう!

カジ旅ウェルカムオファー

仮想通貨とは【初心者向けにわかりやすく解説!】

ビットコインのイメージ

仮想通貨とは、インターネット上で取引される通貨のことで「暗号資産」とも呼ばれます。

普段、私たちが使っている100円玉や千円札といった現金とは異なり、電子データの形でオンラインで保管したり売買したりできるのです。仮想通貨はブロックチェーンという技術を使っており、取引履歴の改ざんなどの不正に強いという特徴があります。

また、国が保証する法定通貨である日本円やアメリカドルと異なり、日本銀行など中央銀行の公的な中央管理者も存在しません。

仮想通貨はオンラインゲーム内で通貨として使ったり、特定のウェブサイト上で買い物に利用したり、投資手段になったりと、さまざまな用途で活用されています。

ビットコインとは

現在では、インターネット上に数多くの仮想通貨が存在していますが、そのなかで最初に誕生した仮想通貨がビットコイン(Bitcoin)です。

2008年10月に、サトシ・ナカモトと名乗る人物がネット上で発表した論文によって提唱されました。

ビットコインの単位はBTC(ビーティーシー)と表記され、「1BTC(1ビットコイン)」といったように数えることができます。

ビットコインは、世界中の日常生活で使用できることを目指して作られており、仮想通貨の中で最も流通量が多く、日本のすべての仮想通貨取引所で取り扱いがあります。

そのため仮想通貨を始めるなら、まずはビットコインから始めるという人も少なくありません。

ビットコイン以外の仮想通貨は「アルトコイン」と呼ばれ、その種類は2000以上にのぼるとされています。

ビットコインの始め方の手順

ビットコインを始めてみたい、やってみたいと思ったら、何をすればいいのでしょうか。

難しそうなイメージを持っている人もいるかもしれませんが、仮想通貨取引に関するサービスは年々充実度を増しており、スマートフォンで簡単に売買することが可能です。

取引方法を覚えれば、初心者でも決して難しくはありません。

それではビットコインの始め方・やり方について、順番に説明していきます。

1. 仮想通貨取引所を選ぶ

ビットコインは、仮想通貨取引所の「販売所」や「取引所」で売買するのが一般的です。

ビットコインを始めるには、仮想通貨取引所以外にも、マイニングや知人から買うなどの方法で入手可能です。しかし、初心者には難易度が高くなるため、ビットコインをこれから始める人は、まず仮想通貨取引所の利用をおすすめします。

仮想通貨取引所の「販売所」と「取引所」は名前が似ていますが、その利用方法は異なります。

「販売所」では、仮想通貨交換業者(仮想通貨取引所)と仮想通貨を取引します。売買価格があらかじめ決まっているので、すぐに売買することができます。

一方、「取引所」では、仮想通貨取引所のシステムを介してユーザー同士で仮想通貨を売買します。希望する購入価格や売却価格で注文を入れたら、買い手と売り手の需給がマッチするまで待つ必要があります。

ただし、販売所よりも安く購入したり、高く売却できる傾向があります。

仮想通貨交換業者によっては、販売所と取引所の両方の機能を備えている場合が少なくありません。

それぞれの仮想通貨取引所によって、取り扱っている仮想通貨の種類や、手数料など特徴が異なるので、自分に合ったビットコインの取引方法を選びましょう。

この後に、金融庁が認可しているおすすめの仮想通貨取引所もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

2. 仮想通貨取引口座を開設する

仮想通貨取引所でビットコインを売買するためには、まず取引口座を開設する必要があります。

どの仮想通貨取引所を使うかによって多少の違いはありますが、通常口座開設にあたって必要になるものとしては、以下が挙げられます。

<口座開設に必要なもの>

  • インターネットに接続されたパソコンやスマートフォン
  • メールアドレス
  • 本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカードなど)
  • 銀行口座

本人確認の手続き

面倒な郵送は必要なく、インターネット上で完結する場合がほとんどなので、忙しい人も安心です。

例えば、人気の仮想通貨取引所「GMOコイン」では、インターネット上で「最短10分」で口座開設が完了するとしています。

運転免許証などの本人確認書類も、スマートフォンのカメラで撮影してアップロードすればOKです。

本人確認書類は、運転免許証のほかパスポートやマイナンバーカード、在留カードなどが利用できます。

本人確認書類の説明

3. 仮想通貨取引所に日本円を入金する

口座が開設できたら、取引口座に日本円を入金しましょう。

入金方法は仮想通貨取引所によって異なりますが、以下の方法が一般的です。

  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • クイック入金

銀行振込は、表示される振込先の口座情報に従い、指定口座に振り込む方法です。

コンビニ入金は、全国のコンビニに設置されている端末から入金する方法です。

クイック入金は、ペイジー決済とも呼ばれ、PCやスマートフォン、ATMから入金ができるもので、利用している金融機関が対応していれば使うことができます。

入金方法によっては手数料がかかる場合がありますので、事前に確認しておきましょう。

4. ビットコインを購入する

取引口座に日本円を入金できたら、いよいよビットコインを購入してみましょう。

ビットコインの購入は、仮想通貨取引所の取引画面に従って進めていきます。

例えばbitFlyerの販売所におけるビットコインの購入方法は、取引画面の「ビットコイン」を選択することで簡単に行うことができます。

BitFlyerの取引画面

「買う」ボタンをタップし、購入したい数量を指定すれば購入することができます。

Bitflyerのビットコインチャート

このようにビットコインは、スマートフォンで簡単に始めることができるのです。

ビットコインを始める人におすすめの仮想通貨取引所

ビットコインは、仮想通貨取引所で売買するのが最も便利です。

ここでは、ビットコインを始める人におすすめな仮想通貨取引所をご紹介します。

いずれも日本国内の仮想通貨取引所で、金融庁の定めるセキュリティ基準を遵守しています。

Coincheck(コインチェック)

Coincheck の登録画面

Coincheck(コインチェック)は、コインチェック株式会社が運営する、国内最大級の仮想通貨取引所です。

初心者にも分かりやすいシンプルなアプリは、国内仮想通貨アプリのダウンロード数でナンバーワンを誇っています。

2018年1月に仮想通貨「NEM(ネム)」の流出事件が起きましたが、その後東証一部に上場しているマネックスグループの傘下に入り、セキュリティ体制を強化しています。

取扱通貨

Coincheckでは、ビットコインを含め、全17種類の仮想通貨を取り扱っています。

ビットコインは、販売所と取引所両方で取引ができます。

アルトコインは販売所のみで取引が可能ですが、豊富なアルトコインがそろっており、2021年7月には、新たな仮想通貨であるPLT(パレットトークン)の取り扱いが開始されました。

(1) BTC(ビットコイン)
(2) ETH(イーサリアム)
(3) ETC(イーサリアムクラシック)
(4) LSK(リスク)
(5) FCT(ファクトム)
(6) XRP(リップル)
(7) XEM(ネム)
(8) LTC(ライトコイン)
(9) BCH(ビットコインキャッシュ)
(10) MONA(モナコイン)
(11) XLM(ステラルーメン)
(12) QTUM(クアンタム)
(13) BAT(ベーシックアテンショントークン)
(14) IOST(アイオーエスティー)
(15) ENJ( エンジンコイン)
(16) OMG(オーエムジー)
(17) PLT(パレットトークン)

bitFlyer(ビットフライヤー)

BitFlyerの登録画面

bitFlyerは、国内最大級の取引量を誇る仮想通貨取引所で、株式会社bitFlyerが運営しています。

アプリやサイトの操作画面はシンプルで分かりやすく設計されているので、初心者でもスムーズに取引を始めることができます。

プロユーザー向けの取引所「bitFlyer Lightning」も提供しており、初心者からベテラントレーダーまで、幅広いユーザーから支持されています。

取扱通貨

bitFlyerでは、全13種類の仮想通貨を取り扱っています。

ビットコインは販売所と取引所両方で売買でき、レバレッジ取引にも対応しています。

アルトコインは基本的に販売所での取引となりますが、その種類は豊富で、2021年6月からは新たに「DOT(ポルカドット)」の取り扱いも開始されました。

(1) BTC(ビットコイン)
(2) ETH(イーサリアム)
(3) ETC(イーサリアムクラシック)
(4) LTC(ライトコイン)
(5) BCH(ビットコインキャッシュ)
(6) MONA(モナコイン)
(7) LSK(リスク)
(8) XRP(リップル)
(9) BAT(ベーシックアテンショントークン)
(10) XLM(ステラルーメン)
(11) XEM(ネム)
(12) XTZ(テゾス)
(13) DOT(ポルカドット)

GMOコイン

GMOcoinの登録画面

GMOコインは、GMOコイン株式会社が運営する仮想通貨取引所で、最短10分で口座開設して取引を開始することができます。

現物取引のほかレバレッジ取引も可能で、レバレッジ取引の銘柄数は国内最多を誇っています。

アルトコインは販売所でしか売買できない仮想通貨取引所も少なくないため、GMOコインはアルトコインを取引所で売買したい人からも人気を集めています。

取扱通貨

GMOコインでは、全14種類の仮想通貨を取り扱っています。

ビットコインとアルトコインは販売所と取引所の両方で売買でき、レバレッジ取引も可能です。

アルトコインの種類も豊富で、2021年7月から、国内で初めて仮想通貨「ATOM(コスモス)」の取り扱いを開始しました。

(1) BTC(ビットコイン)
(2) ETH(イーサリアム)
(3) BCH(ビットコインキャッシュ)
(4) LTC(ライトコイン)
(5) XRP(リップル)
(6) XEM(ネム)
(7) XLM(ステラルーメン)
(8) BAT(ベーシックアテンショントークン)
(9) OMG(オーエムジー)
(10) XTZ(テゾス)
(11) QTUM(クアンタム)
(12) ENJ( エンジンコイン)
(13) DOT(ポルカドット)
(14) ATOM(コスモス)

 ビットコインの始め方まとめ:カジ旅ではビットコインが使える!

ビットコインの始め方まとめ

ビットコインの始め方についてご紹介しました。

  • ビットコインは初めて誕生した仮想通貨で、多くのユーザーに取引されている
  • ビットコインを始めるには、まず仮想通貨取引所で口座開設が必要
  • ビットコインはスマートフォンで簡単に売買できる

ということがわかりましたね!

意外と簡単に口座開設や売買ができることに、驚いた方もいらっしゃったのではないでしょうか?

RPG型オンラインカジノ「カジ旅」では、ビットコインを使ってさまざまなゲームを楽しむことができます。

カジ旅が対応している仮想通貨

また、この「カジ旅公式ブログ」では、たくさんの仮想通貨関連記事を公開しています。

もっと仮想通貨のことが知りたい!と思われた方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

カジ旅バナー

【関連記事】

コメントを残す