Press "Enter" to skip to content

仮想通貨おすすめ銘柄と選ぶ時の注意点解説

この世の中の存在する仮想通貨は数千種類…!

その中から、いざご自身で仮想通貨を購入したい。と思っても「何がいいのか?」「どこで買えばいいの?」と疑問だらけになりませんか?!

そこで、今回ははじめて仮想通貨について学びたい!買ってみたい!という方にもわかりやすいように、仮想通貨おすすめの銘柄と選ぶ時の注意点を解説していきます。

カジ旅ウェルカムオファー

そもそも仮想通貨とは何?!

仮想通貨とは、インターネットを通じて不特定多数のモノ・コト・サービスなどの間で対価として使用することができ、中央銀行や国の公的な発行主体や管理者が存在せずに専門の取引所を介して円、ドル、ユーロ、中国元、その他通過に交換ができる、目には見えない電子通貨のことです。

少しばかり難しく説明しましたが、まとめると仮想通貨の特徴はこちらになります。

・目に見えない

・国が発行/管理していない

・お金やサービスと交換できる

仮想通貨がおすすめの理由!持っておくメリット

仮想通貨の特徴として上記でご説明したように、特定の国が管理しているわけではないので、どの国の通貨と交換するにしても、国によってコントロールされている通貨より割安に交換できたり、両替する時の手数料が安くなります。

イメージとしては、「円」は日本国が運営している国営であるとするならば、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨は民間が管理する「民営」という感じでしょうか。

「民営」と聞くと国営より小回りが効く感じがしますよね??その通りで、仮想通貨を円の代わりに持つ場合、外貨に両替しやすかったり、24時間すぐに取引ができたりします。

また、仮想通貨はご存知の通り、価値の変動が激しいため、通貨で通貨を生み出したい場合、つまり投資や投機としても評価が高いことで知られています。ただ、価値が上がったり下がったりするので、この部分に関してはメリットであり、デメリットです。

この特徴とメリットをしっかり抑えた上で、仮想通貨を購入するのが良いでしょう。

仮想通貨の価値が低い時に購入して、その通貨でオンラインカジノをプレイして、勝利金を仮想通貨に変換して保有しておいて、仮想通貨の価値が高い時に円に換金すれば、カジノで得た勝利金を何倍にも増やすことだって可能です。

このメリットを活かして、軍資金〇〇円と決めて、その中でカジノ+仮想通貨取引でうまくお金を運用するものオススメです。

仮想通貨おすすめ銘柄の基準

仮想通貨おすすめ

仮想通貨を買う時に最も注意すべき点をお伝え致します。

①信頼性

国が運営している通貨であれば、こんなこと起こり得ないのですが、仮想通貨だと一企業や一個人が開発して発行している仮想通貨も山ほどあるため、仮想通貨取引所に上場されたとしても、あっという間に廃止になってしまう!ということも無きにしもあらず。

「仮想通貨が怖い」という印象を持っている方は、このようなことがあるからでしょう。

日本国において、国内の仮想通貨取引所で扱われている銘柄は、一応ホワイトリストとして承認されている銘柄ばかりで、他の国の仮想通貨事情よりは安心と考えれられています。しかし、だからと言って、保証されているわけではありません。

有名銘柄でも暴落は当たり前にしますし、数年前までよく聞いていた銘柄が上場廃止になったりなども聞きます。あくまでも自己責任で仮想通貨のことをよく理解した上で、信頼ある銘柄を自分自身で選択することが何よりも大切です。

②流動性

仮想通貨は持っている人が多い(時価総額が大きい)=関心がある=たくさん取引される。という構図です。この構図のため、時価総額が大きければ大きいほどたくさん取引されます。

つまり、売り買いが殺到するため流動性が激しくなります。毎日たくさん、価格変動が起きる通貨がお好みであれば、時価総額の大きい仮想通貨銘柄を選ぶと良いでしょう。

③ボラティリティ

仮想通貨は円やドルと違って、価格の値動きが激しく起こります。この値幅をボラティリティと呼びます。ボラティリティが少ない仮想通貨であれば、あまり価値は変わりませんが、流動性が激しく値動きが多い仮想通貨は、ボラティリティが高くなります。

投資や投機目的であるならば、ボラティリティが高い仮想通貨を選びましょう。

仮想通貨おすすめ銘柄の具体例

ここからは、具体的なおすすめ仮想通貨銘柄についてご紹介していきます。

仮想通貨おすすめ銘柄:BTC(ビットコイン)

言わずとしれた仮想通貨取引数・時価総額ともにダントツトップの仮想通貨です。ボラティリティも高く、流動性もNo.1。日本の仮想通貨取引所でビットコインを扱っていない場所はありません。

また、ビットコインは発明者及び管理者が存在していない銘柄で、サトシ・ナカモトという正体不明の開発者によって2008年公開されました。サトシ・ナカモトが開発当時から保有しているビットコインは換金されることなく、未だに名乗りをあげる者はいません。

この謎めいた開発の秘話がまた「近代的で神秘的」と熱狂的ファンを増やしている原因にもなっています。元々ビットコインは第三者を介することなく、個人間で取引ができる電子システムを実現化するために作られた通貨なので、この理念に賛同する声も多くあります。

仮想通貨初心者であれば、まずビットコインの取り引きから始めるのが無難です。仮想通貨が使えるオンラインカジノでもビットコインなら確実に使うことができます。

安心して、保有できますね♪

仮想通貨おすすめ銘柄:ETH(イーサリアム)

この言いづらさが特徴のイーサリアム!2015年7月に公開されているので、ビットコインに比べてその歴史は7年!こんなにも差があるのに、時価総額はビットコインに次ぐ第2位。

ビットコインと違ってイーサリアムの開発者は公表されおり、ビットコインとは全く違った技術を使った仮想通貨という点が特徴です。イーサリアムは、元々分散型アプリケーションのプラットフォーム内で使用する目的で開発されました。

スマートコントラクトという機能が特徴で、スマートコントラクトとは「契約の自動執行」を指します。これが画期的なシステムなのです。契約情報自体をブロックチェーンに書き込まれるため、改ざんのリスクを極限に抑えられます。

このシステムにより、第三者の介入も必要ないためクリーンであり続けられると言えます。日本でもイーサリアムの人気は高いです。ほとんどの国内取引所で売買可能です。また、オンラインカジノにおいても、仮想通過決済が可能なところではイーサリアムであれば当たり前のように取り扱っています♪

仮想通貨おすすめ銘柄:XRP(リップル)

名前が覚えやすいことと、可愛い響きなのも魅力のひとつであるリップル。リップルは、元々決済システムをスムーズにするために作られた仮想通貨です。リップルは、他の人気仮想通貨とは異なり「リップル社」という企業が管理しています。

このリップル社全てを牛耳っている仮想通貨では、珍しいシステムです。リップル社が採用している独自のデータ処理はすごく優れており、決済などにかかる時間は最短4秒です。このスピード感や優れた独自のデータ処理が人気の理由です。

リップルもまた、時価総額が多い仮想通過として有名なので、国内の仮想通貨取引所でもオンラインカジノでも取り扱われている率が高いでしょう。ただ、リップルの場合、管理会社の都合で取引廃止になったりするリスクもあるので、そのあたりは注力して値動きの他に、リップル社の動向もチェックする必要があるでしょう。

仮想通貨おすすめ銘柄:LTC(ライトコイン)

ライトコインは、ビットコインの特徴を継承している仮想通貨ですが、ビットコインほど時価総額も高くなく、1LTCあたりの金額も安いので、単位がわかりやすいのも初心者にはおすすめのポイントです。

ライトコインは、2011年10月に開発された仮想通貨です。ビットコインの生成時間は約10分に対して、ライトコインの生成時間は約2.5分!後から登場しただけあって、ビットコインのマイナスポイントを全て改善されたような仮想通貨です。

発行枚数の制限もビットコインは2,100万枚ですが、ライトコインは8,400万枚と上をいきます!ビットコインの発行が上限を迎えた後、仮想通貨の価値がどうなるのか?!と懸念している方々などは、ライトコインに魅力を感じていることでしょう。

日本国内での取引所でも取り扱いできますし、オンラインカジノでも仮想通貨での出入金ができるサイトでは、取り扱われていることが大半ですので、そのあたりはご安心下さい♪

仮想通貨おすすめ銘柄が使えるオンラインカジノ

これほど熱く語ったところで、おすすめ銘柄がサービスの対価として使うことが出来なければ意味がないですよね!有名な日本国内の仮想通貨取引所では、問題なくこの4つの銘柄は売買可能です。

ネット検索などして、自分にあった取引所でまずは口座を開いておくといいでしょう。おすすめした4つの仮想通貨銘柄、ビットコインイーサリアムリップルライトコインはカジ旅でドルや円、ユーロの代わりとして使うことができます。仮想通貨での決済は、カジ旅でも人気な方法です。

カジ旅⇒https://www.casitabi.com/ja/

カジ旅バナー

仮想通貨おすすめ銘柄と取引所!【選ぶ時の注意点】

仮想通貨おすすめ銘柄と取引所!【選ぶ時の注意点】について解説してきましたが、いかがでしたか?

仮想通貨には、たくさんのメリットがあります。海外サービスを使うためには手数料がほとんどかからず使えて、簡単で便利ですし、うまくボラティリティを活かせば投資としても魅力的ですので、これを期に、仮想通貨の売買についても検討してみてはいかがでしょうか??

仮想通貨は、時期によって取り扱われてる種類が異なりますので、取引する時には十分に気をつけてトライしてみて下さい。

コメントを残す