Press "Enter" to skip to content

オンラインゲーム産業を魅了する欧州 マルタ島

マルタ島 と聞いて、真っ先に思い浮かべるのは、碧い海と白いビーチ。地中海に浮かぶ、人気のリゾート地としてたくさんの観光客が訪れる場所マルタ島。近年、マルタは、観光客だけでなく、オンラインカジノで有名な、オンラインゲーミング産業にとっても魅力的な場所となっています。

現在、約280社のオンラインゲーム企業が、マルタ政府からゲーム・ライセンスを取得し、運営しています。発行ライセンス数は500以上にのぼり、マルタは、世界のオンラインゲーム企業の約10パーセントのホスト国となっています。マルタがオンラインゲーミング産業を惹きつけている理由は何でしょう?

マルタ島がオンラインゲーム関連のビジネスを大規模に誘致する結果となった要因は色々ありますが、主な理由として以下が挙げられています。

1.効率的なライセンス取得プロセスと適度なコスト

マルタは、2014年にグローバルなゲーミング産業における当局の戦略的役割と管轄位置の転換プロセスを経て、オンラインゲーミング産業の規制におけるロールモデルになりつつあります。

2.最新の規制枠組み

マルタゲーミング委員会(MGA)は、ゲームホスティングおよびシステム制御の技術インフラに関連して、クラウド・ソリューションの使用について、オンラインゲーミング・ライセンス取得企業に対する技術インフラのガイドラインをいち早く整備し、最新にしています。

3.低税率

マルタのゲーミング税は他のEU諸国に比べて安い。

さらに、2015年にマルタゲーミング委員会(MGA)は、ドバイの開発モデルに基づくテクノロジー・パーク「スマートシティ」にオフィスを移動。スマートシティでは、7000万ユーロを投じた、IBM主導のスマート・グリッド・コミュティ開発プロジェクトが現在進行中で、2021年に完成予定。スマートシティがICT関連の企業や人材を誘致すると同時に、マルタのオンラインゲーミング・ライセンス管轄としてのアピールを一層強化することが予想されています。

上記の要因で、マルタは現在、オンラインゲーミング産業の最前線にあり、世界で最も羽振りを利かせている、多数のオンラインゲーム企業の本拠地になりつつあります。カジ旅も2014年以来、マルタゲーミング委員会(MGA)よりライセンス許可を受け、マルタ・オフィスを拠点にグローバルに展開中です。

【 追記 ・2019年4月 】2019年4月現在、カジ旅の当サイトおよび Hero Island N.V. ブランドは、Hero Island N.V.(登録番号134318)が運営しております。(本社住所: Heelsumstraat 51に登録)Hero Island N.V. は、 キュラソー政府(オランダ領 キュラソー島)に認可、統制された Antillephone 発行の
ライセンス 番号 #8048/JAZ2015-004 の元に運営をしています。

オンラインカジノは、カジ旅 ♫

コメントを残す