Press "Enter" to skip to content

世界のカジノオススメ7選!これを見れば行きたい国が見つかる!

皆さん、カジノと言いますとどこの国を思い浮かべますか?
多くの方がシンガポール、マカオ、ラスベガス、と答えると思います。実は、カジノが合法化されている国は上記の国の他にたくさんあります!

今回は、様々な国にあるオススメのカジノについて詳しくお伝えしていきますので、ぜひ最後までお付き合いください。

カジ旅バナー

世界のカジノ①シンガポール

シンガポール

まずはじめにご紹介するのが、マーライオンで有名なシンガポール。
シンガポールもカジノで有名な国の一つです。

シンガポールは、政府に公認されているカジノが2つもあります。カジノが政府公認なんて、日本ではまだ考えられない言葉です!

リゾート・ワールド・セントーサ・カジノ

ユニバーサルスタジオ・シンガポールの真横にあります。
総面積が1万5000平方もあり、レストラン、ショッピング、テーマパーク、ホテルなど
エンターテイメントで溢れています。

世界最大規模の水槽があるシーアクアリウムなんて、想像をはるか超えるスケール。

カジノは21歳から入場可能で、24時間営業、観光客であれば入場無料です。服装は、スマートカジュアルで(サンダル、短パンでなければTシャツでも!)OKです。
禁煙エリアと喫煙エリアで分かれていて、王道のカジノゲームは全てプレイ可能です。

マリーナベイ・サンズ・カジノ

マリーナベイサンライズ内にカジノがあります。(ベイフロント駅直結)
シンガポールに行くのであればマーライオンを観たいですよね!

マーライオンのすぐ近くにあるので、観光がてらカジノに遊びに行けちゃいます♪
総面積が1万5000平米、21歳以上から入場可能、入場料は観光客であれば無料で、24時間営業です。服装は、こちらもスマートカジュアルでOKです。

なお、シンガポールの通貨は、シンガポールドルが必要になります。
シンガポール空港か市街にある両替所で両替することをオススメ!

世界のカジノ②マカオ

マカオ

東洋のラスベガスと言われているマカオ。カジノが41施設もあり、21歳から入場可能で見学だけでも(無料)OKで、24時間営業しています。

マカオの通貨は、香港ドルとパタカの2種類。判別ができるように、カジノのチップの色も分けられています。

なお、マカオの通貨は日本では両替ができません。中国、香港でも両替ができない為、マカオに到着し、カジノ内のATMか、カジノ内の両替窓口で両替する事をオススメします。

日本では両替できないので、帰国前に日本円に両替する事を忘れないでください!

そして41施設もあるカジノの中で、是非訪れていただきたいのがタイパ島のザ・ヴェネチアン・マカオ。
東京ドーム1個分にもなるフロアにバカラのテーブルが800台、スロットが600台と壮大なスケールの中でプレイを楽しめます。

なんと言ってもホテルのお部屋が全室スイートルームで、とても豪華なのでカジノだけではなく宿泊する事もぜひ視野に入れていただきたいです。

世界のカジノ③ラスベガス

ラスベガス

砂漠に囲まれ大自然が近くにある、キラキラと輝くネオンの街並みに、どこもかしこもエンターテイメントで溢れている、誰もが一度は憧れるカジノの聖地、ラスベガス!

ラスベガスのホテルは、ほぼ全てにカジノが併設されており24時間営業です。
かっちりとしたドレスコードもなく、ショッピングの後に観光がてらカジノに遊びにいくことが、気軽にできます。

ラスベガスの通貨は、米ドルです。カジノ内、ラスベガス空港では手数料が3〜5%かかる為、日本の空港で両替を済ましておくのがオススメです!

また、数多くあるラスベガス内のカジノでオススメなのがベラージオ・ホテル・アンド・カジノ。植物園に、思わずカメラを向けてしまう壮大なスケールの噴水があり、建物の外観だけで圧倒されます。

服装はカジュアルでOK!サンダルは、なるべく避けた方が良さそうです。
ドリンクは無料なのですが、ウェイトレスに最低1ドルはチップを渡しましょう。

ラスベガスのカジノは、カジノのはしごも楽しめますので、是非色々な所に行ってみてください♪

※ホテル内にあるカジノが最も安全と言われているので、特に初心者の方はホテルにあるカジノへGO!

世界のカジノ④韓国

韓国

日本のお隣の国、韓国。カジノが17施設もあります。
交通面と、日本語を話せるスタッフが在住している事が多いので、初めてのカジノ海外遠征に挑戦しやすいかと思われます。

韓国のカジノの通貨は、ウォンに両替が必要です。
重要なのが、韓国のカジノは外国人向けなので、パスポートの提示が入場の際に必ず必要になります!

また、韓国のカジノでは、ラスベガスの雰囲気に似ているセブンブラックのカジノがオススメです。19歳以上、成人した外国人のみ利用可能となっています。
韓国籍の方も外国の永住権を持っていれば入場可能で、カジュアルな服装OKです。

場所は、ソウル駅から徒歩5分で行けて、人気の観光地明洞(ミョンドン)も近くにあるセブンラックカジノヒルトン店、映画館、水族館、ファッションショップがある複合施設COEXの裏にあるソウルカンナム店、ヨーロピアンな格式を持ち、高級ホテル、ロッテホテルの2階にある釜山ロッテ店があります。

※ヒルトン店とソウルカンナム店(COEX店)を繋ぐシャトルバスもあります。

3つとも観光がてらお気軽に行けるので、カジノなんて全然考えていなかった!と言う方も、特別な気分を味わいに行くに良いと思います!

世界のカジノ⑤イギリス

イギリス

ヨーロッパのなかでも、ギャンブルが発展したと言われているイギリス。

イギリス・ロンドンで人気のレスタースクウェアとピカデリーサーカスの真ん中にある創業100年以上のヒッポロドームカジノ(HippodromeCasino)が有名です。
24時間営業していて、18歳以上から入場可能、カジュアルな服装でOKです。

イギリスでは会員登録が必要なカジノが多く、会員に入会してから24時間経たないとプレイができないルールがあるのですが、ヒッポロドームカジノは会員登録が不要なので、入館したら即カジノを楽しむことができます。

また、高級なステーキレストランに6つもあるおしゃれなバーラウンジ、ロンドンの伝統キャバレーシアター(マジック・マイク・ライブ)も魅力的です。

肝心のカジノフロアは、元劇場の作りを活かしたゴージャスな雰囲気です。

ヒッポロドームカジノはSNSが活発なので、twitterとinstagramなどで最新情報や動画や写真で中の様子など知れるので、ぜひチェックしてみてください♪とてもワクワクしてきますよ!

ちなみに、イギリスの通貨はポンドです。空港か現地ATMで両替をオススメします!

世界のカジノ⑥フィリピン

フィリピン

フィリピンと言えば、セブ島にマニラとリゾート地を思い浮かべますよね!
フィリピンは、政府公認のカジノが数カ所存在していて、政府公認のオンラインカジノもあります。

それではセブ島とマニラ、それぞれ一箇所ずつオススメのカジノをご紹介します。

セブ島

セブ島のカジノは男性が21歳以上、女性は18歳以上が入場可能です。
賭ける金額の下限がないため、カジノが初めてと言う方など、旅の思い出としてカジノに挑戦する事ができます。

なかでもセブ島のランドマーク、ウォーターフロントセブシティホテルがオススメです。セブ空港から車で約30分の立地です。

カジノエリアは24時間営業。Tシャツ、サンダルでもOKですがノースリーブはNGです。
ルールが比較的緩いので、カジノ初心者でも入りやすい雰囲気です。

セブ島の通貨は、フィリピンペソとアメリカのUSドルが使えます。USドルは、カジノで使用できますが、セブ島内では使える場所が限られている為、フィリピンペソに両替した方が無難です。

ホテル内の両替はルートが良いとは言えないので、事前に街にある両替所で両替しておきましょう!

マニラ

2013年にオープンした、マニラ湾沿いにある比較的新しい『ソレア・リゾート&カジノ』がオススメです。フレンドリーなディーラーが在籍していて、客層も良く、服装もカジュアルでOKです。

日本語対応のHPがありますのでぜひご確認ください!マニラ空港から、タクシーで約20分で向かう事ができます。

マニラの通貨は、フィリピンペソになります。こちらも街中にある銀行、自営両替所などで両替をしておくと良いでしょう。

世界のカジノ⑦モナコ

モナコ

フランスの地中海沿岸にある、F1グランプリでも有名なモナコ。
カジノ好きの誰もが憧れる、カジノ・ド・モンテカルロがあります。

カジノ目的ではなく観光地としても有名で、見学のみで訪れやすく中世のヨーロッパを
楽しむ事が可能です。
※見学は9時〜12時半まで、10ユーロ必要です(日本円で約1300円)。

午後2時からカジノの営業がスタートし、テーブル、イスなどが設置されると見学時とは全く違う雰囲気になります。宮殿の中にカジノスペースが出来上がり、優雅な気分でプレイが楽しめます。

18歳以上の方が入場可能で、ドレスコードについては、カジノ・ド・モンテカルロに適した服装とのこと。きちんとしたワンピース、スーツでドレスアップして参加する事をオススメします。

なお、モナコの通貨はユーロ。一番近いフランスのニース・コートダジュール空港のレートが良いので、空港での両替がポイントです。

海外に出向かなくてもカジノが楽しめる!

世界のカジノに出かけてみるのもいいけど、実は海外に出向かなくてもカジノが楽しめる方法があります! それが「オンラインカジノ」。

日本語のカスタマーサービスが充実していて、多種多様なゲームが用意されているオンラインカジノ「カジ旅」を覗いてみて下さい♪

カジ旅ウェルカムオファー

世界のカジノについて詳しく解説

世界のカジノについて詳しく解説をテーマにお送り致しました。
いかがだったでしょうか?

カジノはラスベガス、シンガポール、マカオだけでなく、世界各地にいっぱいあると言う事が今回で知っていたただけたら嬉しいです!

今は行く事ができなくても、いつか行ける事を想像するだけでもワクワクしてきますよね!

今後も世界のカジノ関連の情報やオンラインカジノの情報をたくさんお伝えしていきます。これからも最新情報の公開をお楽しみに♪

カジ旅バナー

コメントを残す