Press "Enter" to skip to content

スクラッチカードが一番嬉しい贈り物でない理由…

この休暇シーズンに、北欧の人々はみんな揃って、ひどく報酬率の悪い条件を受け入れているようです。慈善事業を活気づけるという動機は、本当に十分な理由でしょうか?

北欧の国々では、スクラッチカードがかなり頻繁にプレゼントとして贈られています。今回は、スクラッチカードが、他のギャンブルに比べて非常に見返りの少ない、ひどい投資商品である理由をお話ししたいと思います。

この習慣は、1934年にスウェーデン、1940年にフィンランド、1948年にノルウェーで国有ギャンブル企業が設立されたことに起因しています。これらの国有独占のギャンブル運営が始まってからというもの、顧客達は罠に嵌った獲物のように、最小限の見返りしか与えられていません。人々には選択肢があるとはいえ、これらのスクラッチカードに費やした分をもっと回収すべきです。国の財政に融資するのがギャンブラー次第であってはなりません。

下の表に、北欧の公営スクラッチカードとカジ旅の人気ゲームの配当率を比較してみました。

ゲーム 配当率
Triss (スウェーデンのスクラッチカード) 49%
Flax (ノルウェーのスクラッチカード) 45-55% 
Ässä-arpa (フィンランドのスクラッチカード) 54.38%
Starburst(スターバースト) 96.1%
Mega Fortune(メガフォーチュン) 96%
Gonzo’s Quest(ゴンゾズ クエスト) 96%

慈善団体に寄付したいならば、自身の資金で寄付すれば誰に対しても、もっと簡単です。大ジャックポットが当たれば、もっとたくさん寄付することができるでしょう!勝利するチャンスは確実にスクラッチカードよりも高くて、もっと楽しいと思いませんか?

北欧発・RPG型オンラインカジノ

カジ旅で冒険しよう!https://www.casitabi.com/ja/

Casitabi_welcime offer

コメントを残す