Press "Enter" to skip to content

スロットマシンの歴史

スロットは、昨今、ギャンブル界の至る所にあります。店舗(B&M)カジノからオンライン・スロットまで、ギャンブルに関連したところにいれば、その周辺でスロットマシンを目にする機会があるでしょう。スロットマシンは使い易く、巨額な投資を必要とせず、カジノ内で最大の払い出しが可能なゲームです。

起こり

現在のスロットマシンの最初の真の前身は、1891年にニューヨークのブルックリンで開発されました。プレーヤーがマシンでレバーを引き、5ホイールでポーカーハンドを得るように、これらのマシンはポーカーに基づいていました。賞金は直接払い出されず、代わりにバーでの飲物、タバコ等の形をとりました。

この種のマシンは非常に人気がありましたが、可能なポーカーハンド数が払い出しを非常に難しくしたという点で、まだ欠陥がありました。ところ変わって、カリフォルニアではチャールズ・フェイ(Charles Fey)が3ホイールと5つの絵柄からなるより単純なメカニズムを考案しました。フェイがスロットマシンの父であることは疑いありません。彼がそれらのマシンを作って以来、優に100年間以上経ちますが、本質的にマシンは変わっていません。

フェイのスロットは、蹄鉄、ダイヤモンド、スペード、ハートおよび自由の鐘の合計5つの絵柄から成りました。これらの絵柄はポーカーに由来しますが、基礎はそのままで、今日に至るまで世界中のスロットマシンで見受けられます。

前述のマシンは、自動的に払い出すようにプログラムされました。最小の払い出しが2つの蹄鉄につき2枚のコインで、最大の勝利は自由の鐘の3つ揃いで20枚のコイン、そしてこの中間に異なる払い出しが多種ありました。

1907年に、フェイは、急成長する、自らのスロットマシン帝国に助力を得る時であると決断し、ミルズ・ノベルティ社とパートナシップを組みました。彼らは、原版の「ミルズ・リバティ・ベル(Mills Liberty Bell)」を作り出し、マシンを鉄のケースに入れることでさらにコンセプトをとり、このデザインは今も一般的で、大部分の最新スロットマシンに用いられています。

禁止とそれ以後

ギャンブルを非合法化する米国に対応して、1920年代および1930年代には同産業に大きな変化があり、ミルズ社はマシンをより静かにし、呼び物にしようと望む企業にとって実行可能にしました。マシンはさらにカラフルになり、平均的な客層にとって魅力的になりました。壮大さはこの時代のかぎでした。

1931年にネバダ州はギャンブルを合法化し、ギャンブル、そしてスロットの巨大な市場を開きました。

同州で、現在、再びギャンブルが合法化し、スロットマシンの人気は広がり、ほぼ誰もが驚くことに、テーブルゲームより多額の富をカジノにもたらしました。

電気式マシン

電気式スロットの導入前、大部分のスロットは機械的でしたが、1950年代末までには、電気式マシンが完全に施行されました。「ビッグバーサ(Big Bertha)」のようなマシンの初期の例を挙げると、当時で生産コストが15万米ドル、現在の通貨価値にして約150万米ドルという途方もないお金がかかりました。このマシンは、5つの馬力モーターで起動し、8リールで、ジャックポットの当たりをほとんど不可能にしました。実際、ジャックポットの当たる確率は250億分の1でした。それは、各々のリールに20の異なる絵柄があったためです。

60年代中頃には、バリー(Bally)が、「マネー・ハニー(Money Honey)」と呼ばれる電気式スロットを導入しました。これは、主に内部的にはオリジナルのデザインから遠ざかり、外部的には前身にほぼ類似し、変化はすべて表面的でした。これらのスロットは電気で起動し、マイクロプロセッサーの使用により音が使用でき、没入感の次元を加えました。

コンピュータの到来

次の革命、むしろ進化は、コンピュータ化されたスロットマシンの形で、1980年代に到来しました。マシンをプログラムすることがより容易になり、種類を提供することが可能になるように、この進化により、ゲームの多様性が広がりました。また、紙幣がようやく受け入れられ、両替に費やす時間がさらに減少し、潜在的にカジノをより儲かるものにしました。

今日、スロットは米国の平均的カジノ収入の約70パーセントを占めています。スロットはカジノの至る所にあり、通常、カジノに入ると目にします。

しかし、スロットが近年、最も成長を遂げたのはオンラインです。莫大なジャックポットでスロットマシンを提供している何千ものオンラインカジノがあります。2、3ドルの入金で大富豪になることも夢ではありません・・・

北欧発・RPG型オンラインカジノ

カジ旅で冒険しよう!https://www.casitabi.com/ja/

コメントを残す