Press "Enter" to skip to content

狼から逃げろ!Big Bad Wolf Megaways​​ ▷ スロット完全攻略

ビッグ・バッド・ウルフ・メガウェイズ(Big Bad Wolf Megaways​​)は2021年9月にQuickspin社からリリースされたビデオスロットです。

テーマは誰しもが知っているおとぎ話しの「三匹の子豚」!

元々人気のある「ビッグバッドウルフ(Big Bad Wolf)」の最新版です。

メガウェイズが搭載されたことによって、ペイラインは脅威の最大117,649通り。ボーナス購入サービスも今作から開始♪

最大配当金は30,540倍となっていて、超高ボラティリティ機種へと変化を遂げています。

今回はそんな大注目の新作ビデオスロット『ビッグ・バッド・ウルフ・メガウェイズ(Big Bad Wolf Megaways​​)』​​についてお届けします。

最後まで読んでいただくと、このスロットの魅力が全てわかること間違いなし!

カジ旅ウェルカムオファー

ビッグ・バッド・ウルフ・メガウェイズ(Big Bad Wolf Megaways​​)​の基本スペック

ビッグバッドウルフ・メガウェイズ 基本スペック

さて、このスロットのスペックがどれ程のレベルなのか気になりますよね?!

この章ではビッグ・バッド・ウルフ・メガウェイズ(Big Bad Wolf Megaways​​)​​の基本スペックを表にしてまとめておきます。

リール数 6×6/7リール
ペイライン数 最大117,649通り
ボラティリティ 超高
ペイアウト率(RTP) 96.05%
ベット額 0.2ドル〜100ドル
最大配当 30,540倍

メガウェイズ搭載ゲームなので、特に目を引くのがリール数の変化とペイラインの多さではないでしょうか。

このメガウェイズの効力のおかげで、通常スロットでは到底体感することができない配当確定の連続を味わえます。

最小ベット金額は0.2ドルのため、ビデオスロット初心者でも気軽にプレイすることができます。

ビッグ・バッド・ウルフ・メガウェイズ(Big Bad Wolf Megaways​​)スロットの基本情報

ビッグバッドウルフ・メガウェイズ 基本情報

Quickspin社はビデオスロットの開発に特化しているゲームプロバイダー会社です。

ゲーム開発会社の中でも珍しい「スロット専門」としているところが特徴的であり、数々のヒット作を短期間の間に生み出しています。

カジ旅で扱うQuickspin社のビデオスロットは現時点すでに70種類以上!

ビデオスロット業界を牽引しているといっても過言ではない企業からリリースされた今作「ビッグ・バッド・ウルフ・メガウェイズ(Big Bad Wolf Megaways​​)」は注目が集まらないわけありません。

前作の評判の良かったピッグターンワイルド(Pig Turn Wild)機能を継承しながら、メガウェイズや新機能追加によってアップデートされた部分ありで、一言で表すと“良いとこどり”スロットに仕上がっています。

「三匹の子豚」を題材にしているだけあって、親しみのあるキャラクターも魅力的です。

ビッグ・バッド・ウルフ・メガウェイズ(Big Bad Wolf Megaways​​)が話題の理由5選

ビッグ・バッド・ウルフ・メガウェイズ(Big Bad Wolf Megaways​​)はリリース前から話題になっていたワケですが、この章を読めば「なぜ話題を集めたか」が理解できます。

話題を集めた機能はリリース前だけでなく、リリースされた今も継続した人気スロットとなっています。

ビッグ・バッド・ウルフ・メガウェイズ(Big Bad Wolf Megaways​​)が話題の理由は大きくわけて下記の通りで5つあります。

  1. メガウェイズ機能
  2. ピギーワイルド(Piggy Wild)機能
  3. マルチプライヤー搭載
  4. 追加スピン
  5. フリースピン購入機能

それではひとつずつ解説していきます。

1. メガウェイズ機能

メガウェイズとはスピンごとにペイラインが変形し、凄まじい数のペイラインを持つ特有の機能を指します。

英語で書くと「Megaways」ですが、直訳すると「たくさんの道たち」です。

その名の通り、配当を確定するたくさんの道が存在するのがメガウェイズ機能なのです。

ビッグ・バッド・ウルフ・メガウェイズ(Big Bad Wolf Megaways​​)では最大117,649通りペイラインがあるので、気付いたらいつも当たっている!という状況が当たり前に起こります。

2. ピギーワイルド(Piggy Wild)機能

こちらの機能は前作人気だった機能ピッグターンワイルド(Pig Turn Wild)の進化版です。

簡単にどんな機能なのか説明しますね。

抑えておくべきポイントは全部で3つです。

・2連続配当で1子豚がワイルドへ変化
・6連続配当でPiggy Wild配当確定
・2〜5リールにのみ適用

詳しい内容は下記の通りです。

2連鎖配当で1子豚がワイルドへ変化

通常ラウンドで1スピン中に2連鎖の配当発生により、シンボルが消滅すると右上にある3匹のPIGGYワイルドが1つ点灯します。

常にディスプレイは表示されているので、点灯できている個数は一目瞭然です。

6連続配当でPiggy Wild配当確定

全てのPiggyワイルドシンボルを有効にする方法は1スピンで6連鎖させる必要があります。

通常ペイラインだと絶対不可能な技ですが、メガウェイズ搭載機種だと、6連鎖も不可能ではないのです。

6連鎖で全てのPiggyワイルドが有効になると高配当となることでしょう!!

ビッグ・バッド・ウルフ・メガウェイズ(Big Bad Wolf Megaways​​)をプレイするからには3匹のPigyyワイルドを全て有効にしたいですね!

2〜5リールにのみ適用

ピギーワイルド(Piggy Wild)機能は全てのリールで発動するのではなく2〜5列のリールには適応されます。

注意しておきましょう。

3. マルチプライヤー搭載

最近のビデオスロットではよく見かけるようになった、配当が倍倍になっていくシステムのことをマルチプライヤーと呼んでいます。

フリースピン中は配当が発生するごとにマルチプライヤー倍率が1ずつ上昇し、気付いたらかなり倍になっていたということもよくあります。

ビッグ・バッド・ウルフ・メガウェイズ(Big Bad Wolf Megaways​​)でフリースピンに突入さえできたら、このマルチプライヤー機能のおかげで高配当の払い出しが一気に現実的になります。

4. 追加スピン

フリースピン中に定められた数のスキャッターシンボルを停止できた場合、追加スピン確定となります。

ビッグ・バッド・ウルフ・メガウェイズ(Big Bad Wolf Megaways​​)では、フリースピンゲットとなれば、追加スピン+マルチプライヤーで配当が倍へ倍へアップしていく可能性が高いです。

5. フリースピン購入機能

ビッグ・バッド・ウルフ・メガウェイズ(Big Bad Wolf Megaways​​)のフリースピンは高配当が期待でき、一攫千金も夢ではない設定となっています。

しかしながら、その分フリースピン突入への難易度がやや高くなっています。

フリースピンを狙ってプレイしていても、フリースピン獲得にならないってこともありますよね?このシチュエーションを防ぎたい時に使える機能がこちら。

フリースピン購入」です!!

時短にもなるので、忙しい方にもオススメです◎

ビッグ・バッド・ウルフ・メガウェイズ(Big Bad Wolf Megaways​​)のおさえておくべきポイント

押さえておくべきポイント

ここまでビッグ・バッド・ウルフ・メガウェイズ(Big Bad Wolf Megaways​​)の魅力をたっぷりお伝えしてきましたが、すでにお試しプレイしてみたくてウズウズされている方も多いのではないでしょうか?!

この章では、ビッグ・バッド・ウルフ・メガウェイズ(Big Bad Wolf Megaways​​)をプレイしていく上でおさえておくポイントをまとめておきます。

ポイントは下記の通りです。

  • 配当確定時にシンボルは消え、次に新しいシンボルが落下される
  • フリースピン発動条件はスキャッターシンボル「月」を3つ停止

このポイントさえ抑えておけば、すぐにプレイ開始しても困ることはないでしょう。

ビッグ・バッド・ウルフ・メガウェイズ(Big Bad Wolf Megaways​​)の配当について

ビッグ・バッド・ウルフ・メガウェイズ(Big Bad Wolf Megaways​​)の配当シンボルは高配当・中配当・低配当に分類できるところが特徴です。

高額絵柄

たくさんの配当シンボルが存在するため、当たりがでる回数が本当に多くなります。

詳しい配当表はゲーム画面で確認できるのでぜひチェックしてみて下さい♪

まとめ

ビッグバッドウルフ・メガウェイズ まとめ

狼から逃げろ!Big Bad Wolf Megaways​​ ▷ スロット完全攻略をお届け致しました。

いかがだったでしょうか??

 止むことない配当発生を体験できるのは貴重なメガウェイズ搭載機種だけ!

ぜひ一度最新作のビデオスロット「ビッグ・バッド・ウルフ・メガウェイズ(Big Bad Wolf Megaways​​) 」プレイしてみて下さい。

カジ旅バナー

【メガウェイズ系のスロット記事もチェック】

コメントを残す