Press "Enter" to skip to content

仮想通貨スプレッドとは?おすすめ取引所比較やポイントを徹底解説

仮想通貨の取引を始めると、まず耳にすることが増えるこの言葉「スプレッド」

皆さんはスプレッドについて正しい理解をしていますか?!仮想通貨スプレッドはビットコインにしてもイーサリアム、リップルなど全ての仮想通貨の取引で非常にポイントとなっている事項です。

仮想通貨スプレッドを正しく理解することで、仮想通貨取引の制度はグンと上がります。

今回は、「スプレッド」という言葉の意味を知っている人も知らない人も、完全に理解できるように、仮想通貨における「スプレッド」について詳しく解説していきます。

仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは

スプレッドとは、仮想通貨やビットコインの取引に限らず、通貨をトレードする際に発生する、買う時と売る時の価格の差異を表す言葉となっています。

元々英語で“Spread”は、「開き」「幅」などの意味があります。その言葉がそのまま通貨トレード専用用語として日本でも浸透するようになりました。

カジ旅バナー

仮想通貨(ビットコイン)のスプレッド具体例

それでは、具体的にビットコインのスプレッドを例に出してご説明していきます。

1BTCの購入価格が450万円、売却価格が449万円としましょう。

今仮にこの価格で1BTCを買いましょう。そして、すぐに売却したい!となった場合、この1回の「買い」「売り」だけで1万円の損失がでます。

短期売買をしようと思っている方にとっては、この1万円の開きはとても大きい損になるということがこのことからもわかりますね。これが「スプレッド」の怖さです。

長期で取引を考える場合はあまり「スプレッド」を気にする必要はありませんが、短期売買を検討してる人は、注視すべき事柄であります。

仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドは狭い方がいい

購入した価格で売りたいと思ったら、先ほどの例だと1万円上昇するまで待たないと損を生むことになりますし、利益を出そうと思ったら、1万○円以上の値動きが発生しない限りは、損したままになります。

1円の値動きが起こるには、数時間又は数日必要だったりします。こういった通貨の売買においてのスプレッドは、1円でもかなり大きいスプレッドの幅になります。

このことから、「スプレッドは狭い方がいい」ということが定義となります。

こちらの記事も合わせて読まれている記事です。ビットコインについて詳しく知りたい方は合わせてお読み下さい。

仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドが安いおすすめ取引所

この章では、スプレッドが安いおすすめ取引所をランキング形式でご紹介していきます。

第一位 Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)のスプレッドは、業界最狭水準で設定されています。

スプレッドの狭さだけでなく、コインチェックの長所はこんなにもあるので、総合的に見てもおすすめできる取引所です。

  • ¥500〜から仮想通貨(暗号資産)購入可能
  • 取引手数料が原則かからない
  • 仮想通貨の取引銘柄が16種類と日本国内の取引所ではトップクラス
  • 仮想通貨での積立投資やレンディングなど対応しているサービスが豊富

第二位 DMM ビットコイン

DMMビットコインの「販売所」は、「販売所サービス」の中ではトップクラスのスプレッド水準。

DMMビットコインは他にもこんな長所も揃っています。

  • DMMビットコインアプリが人気
  • 大手会社が運用しているため信頼が高い
  • 11種類の仮想通貨(暗号資産)の取り扱いがある
  • レバレッジ取引が可能

第三位 ビットフライヤー(Bitflyer)

ビットフライヤー(Bitflyer)の「取引所」のスプレッドも業界最安値水準です。

ビットフライヤー(Bitflyer)の長所は、仮想通貨のサービス利用率、日本No.1というところにあります。

取引が多ければ多いほど、スプレッドの幅は狭くなります。そのため、ビットフライヤーのスプレッドも安定した安さで運営されています。

  • 仮想通貨サービス利用率日本No.1
  • サービスがシンプルで使いやすい
  • 取引手数料/入金手数料共に無料

仮想通貨(ビットコイン)おすすめ取引所でのスプレッドの違い

仮想通貨取引所には、「販売所」と「取引所」でスプレッドの幅が違います。

原則、「取引所」を利用した方がスプレッドの幅は狭いとされています。

「販売所」で売買するのと「取引所」で売買するのでは、似ているようで違いがあります。このサービスの理解をしていないスプレッドの幅で損することもありますので、注視して取引をして下さい。

詳しくは、こちらの記事も参考にしてみて下さい。

\入出金方法を確認して仮想通貨を気軽に利用

仮想通貨(ビットコイン)スプレッドを比較

仮想通貨を取引する上で、具体的にスプレッドの幅がどのような設定になっているのか、チェックしていきましょう。

  • Coincheck(コインチェック)
  • DMMビットコイン
  • ビットフライヤー(Bitflyer)

それぞれ、先ほどランキングに登場した仮想通貨取引所を例にあげてみていきましょう!

Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)の「取引所」でのスプレッドは、たった0.001%ほど。

特にビットコイン(BTC)の取引でのスプレッド幅は狭く、短期売買する方でも痛手にならない程度です。

DMM ビットコイン

DMMビットコインの「販売所形式」のみなので、「取引所形式」に比べるとスプレッドの幅は広いとされていますが、「販売所サービス」の中では、業界トップクラスのスプレッドです。

「取引所」に比べると見劣りするスプレッド設定ではありますが、アプリの使いやすさやレバレッジ取引ができることを考慮すると、登録しておいても良い取引所の一つであることは、間違いありません。

ビットフライヤー(Bitflyer)

ビットフライヤー(Bitflyer)のビットコイン取引でのスプレッドは、0.01~0.15%程度とこちらも業界最高水準と謳われている通り、とても魅力的なスプレッド設定です。

しかし、これはビットコインだけのスプレッドでして、アルトコインを取引する場合のスプレッドは0.2%に上がります。

ビットコインだけを取引する場合ではあれば、ビットフライヤー(Bitflyer)の「取引所」サービスを使った取引がおすすめですが、他の仮想通貨も取引したい場合は、違う取引所の登録も検討した方が良いかもしれません。

仮想通貨(ビットコイン)スプレッドを比較まとめ

今回取り上げさせてもらったおすすめ取引所3社の

  • Coincheck(コインチェック)
  • DMMコイン
  • ビットフライヤー(Bitflyer)

は、それぞれ取り扱う通貨やサービスによって、スプレッドに違いがあることがわかりました。

取引所を選ぶ際には、自分はどんなことを重点において取引したいのか、予めメモに書いておくと良いでしょう。

仮想通貨取引所を選ぶ際に迷いが生じた際には、その都度メモを見返して、自分の考えがブレないようにしておくことも、上手な仮想通貨取引所を選ぶコツとなっています。

仮想通貨の取引をする上で、「ウォレットについて」も知っておく必要があります。

こちらの記事で詳しく解説しています。

仮想通貨取引所をスプレッドで比較するポイント

先ほど、注意事項としてお伝えした「販売所」と「取引所」の違いを理解する以外にも、取引所を選ぶ際に気にしておくことがあります。

この章では、そのことについてまとめて解説していきます。

「販売所」と「取引所」の違いに注意

先ほどの注意点でもあげたように、同じ仮想通貨取引所であっても、「販売所」と「取引所」では スプレッドが大きく異なります

原則、「取引所」のサービスがスプレッドが狭くなっているので、みなさんがアクセスしているサービスが 「取引所」であることを仮想通貨を購入する前に、再度チェックするようにしましょう!

時間帯に注意

仮想通貨に限らず、全ての通貨取引において、取引高が多い時や安定した取引が行われる時間帯が一番スプレッドの幅が狭くなると言われています。

価格が乱高下している時や、取引があまりない深夜帯だとスプレッドが高くなるのでご注意ください。

また、A社の仮想通貨取引所では、20時のスプレッドが狭いからといって、B社の仮想通貨取引所も20時が一番スプレッドが狭いとは限りません。

仮想通貨取引所を選ぶポイント

仮想通貨取引所別取引所なのか販売所なのか時間帯によって、スプレッドは大きな差異が生まれているので、その部分については予め理解しておく必要があります。

それで結局どこが良いのか??気になりますよね。

残念ながら、取引スタイルによって、皆さんに合う取引所が異なるため、正解は一つではありません。

取引所を決めるときは、下記の項目を参考にしてください。

  • 自分が一番取引するであろう時間帯のスプレッドが安いこと
  • スプレッドが安く、他の取引手数料なども安いかどうかも考慮する
  • サービスが使いやすいかどうか
  • セキュリティー面で信頼できるかどうか

スプレッド以上に大切なこと

仮想通貨を取引する上でスプレッドも気にする必要がありますが、それ以上に換金の仕方や換金後の使い道は大切なことです。

この記事ではスプレッドをテーマに解説していますが、「換金について」「仮想通貨の使い道について」は、下記の記事で詳細解説しているので 、合わせてお読み下さい。

\仮想通貨をもっとうまく活用するなら、入出金をチェック/

仮想通貨スプレッドとは?おすすめ取引所比較やポイントを徹底解説【まとめ】

仮想通貨スプレッドとは?おすすめ取引所比較やポイントを徹底解説【まとめ】をお届け致しました。

いかがだったでしょうか?

特に短期売買をお考えの方は、「仮想通貨スプレッド」について正しく理解することで、仮想通貨取引の制度はグンと上がりますので、ぜひ今回の記事を参考に、仮想通貨ライフをさらに充実させて下さい。

カジ旅バナー

コメントを残す