Press "Enter" to skip to content

仮想通貨リップル(XRP)購入はここ!おすすめ取引所比較!

リップル(XRP)は、数ある仮想通貨の中でも特に人気が高く、ビットコインと並んで注目を集めている仮想通貨です。

仮想通貨に興味があるのならば、リップルを購入してみたいと考えている方も多いのではないでしょうか?

しかし仮想通貨取引所によっては、ビットコインは扱っていても、リップルは売買できないということも…。

リップルの購入方法が分からなくて困っている方もいらっしゃるかもしれません。

そこで本記事では、リップルを購入するのにおすすめの仮想通貨取引所をご紹介します。

リップルの基本知識や購入方法、注意点なども解説しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

カジ旅ウェルカムオファー

仮想通貨リップル(XRP)とは

リップルのイメージ

リップル(XRP)は、数多く存在する仮想通貨の1種類であり、ビットコインやイーサリアムなどと並ぶ代表的な通貨です。

2004年に考案され、2013年から正式に配布が開始されました。2021年10月25日現在、リップルの時価総額は第7位を誇っています。

リップルの大きな特徴は、送金にかかるコストの安さと迅速さにあります。特に国際送金を安く高速に行えることで高い注目を集めています。

さらにリップルは、管理主体の存在しないビットコインと異なり、リップル社(Ripple.Inc)によって管理されていることも特徴的といえます。

仮想通貨リップル(XRP)を買おう!手数料が安いおすすめの仮想通貨取引所比較

仮想通貨リップルは、仮想通貨取引所で売買することができます。

仮想通貨の人気上昇に伴って、仮想通貨取引所の数は国内外で増加しています。

数多くある仮想通貨取引所のなかで、どこを利用すればいいのか迷ってしまう人も少なくありません。

そこでここでは、リップルを買うのにおすすめの仮想通貨取引所を5か所ご紹介します。

※2021年10月25日時点の情報です。
※取引所の手数料は、別途スプレッドによる手数料相当額の負担があります。

 å–引所1:bitFlyer (ビットフライヤー)

ビットフライヤー

株式会社bitFlyerが運営する仮想通貨取引所「bitFlyer (ビットフライヤー)」は、国内最大級の取引量を誇る仮想通貨取引所です。

ビットコインやリップルなど、人気な13種類の仮想通貨を少額から取引することができます。

初心者にも分かりやすいスマホアプリも用意されており、いつでもどこでもリップルを取引き出来ます。

なおリップルのFX(レバレッジ取引)には対応していません。

<取り扱い通貨>

(1) BTC(ビットコイン)
(2) ETH(イーサリアム)
(3) ETC(イーサリアムクラシック)
(4) LTC(ライトコイン)
(5) BCH(ビットコインキャッシュ)
(6) MONA(モナコイン)
(7) LSK(リスク)
(8) XRP(リップル)
(9) BAT(ベーシックアテンショントークン)
(10) XLM(ステラルーメン)
(11) XEM(ネム)
(12) XTZ(テゾス)
(13) DOT(ポルカドット)

<手数料>

販売所取引手数料 無料
取引所取引手数料 0.01%~0.15%
入金手数料 0円~330円
出金手数料 220円~770円

Coincheck (コインチェック)

コインチェック

コインチェック株式会社が運営する「Coincheck (コインチェック)」は、国内最大級の仮想通貨取引所です。

2018年に不正流出事件が発生しましたが、東証一部に上場しているマネックスグループの傘下に入りセキュリティ強化を進めています。

アルトコインの取り扱いが豊富で、リップルのほか全17種類の仮想通貨を取り扱っています。

FX取引には対応しておらず、リップルは販売所のみで取引が可能です。

<取り扱い通貨>

(1) BTC(ビットコイン)
(2) ETH(イーサリアム)
(3) ETC(イーサリアムクラシック)
(4) LSK(リスク)
(5) FCT(ファクトム)
(6) XRP(リップル)
(7) XEM(ネム)
(8) LTC(ライトコイン)
(9) BCH(ビットコインキャッシュ)
(10) MONA(モナコイン)
(11) XLM(ステラルーメン)
(12) QTUM(クアンタム)
(13) BAT(ベーシックアテンショントークン)
(14) IOST(アイオーエスティー)
(15) ENJ( エンジンコイン)
(16) OMG(オーエムジー)
(17) PLT(パレットトークン)

<手数料>

販売所取引手数料 無料
入金手数料 0円~1018円
出金手数料 407円

リップルは、オンラインカジノでの入出金にも利用されています。

取引所3:GMOコイン

仮想通貨取引所「GMOコイン」は、GMOクリック証券を傘下に持つ、東証一部上場のGMOインターネットのグループ会社、GMOコイン株式会社が運営しています。

金融サービスに強みを持っており、コールドウォレット管理やマルチシグ対応などのセキュリティ強化を徹底しています。

入出金無料など、手数料が安いことでも人気を集めています。

レバレッジをかけた取引所取引では、国内最多の銘柄数を誇り、リップルのFX(レバレッジ取引)にも対応しています。

<取り扱い通貨>

(1) BTC(ビットコイン)
(2) ETH(イーサリアム)
(3) BCH(ビットコインキャッシュ)
(4) LTC(ライトコイン)
(5) XRP(リップル)
(6) XEM(ネム)
(7) XLM(ステラルーメン)
(8) BAT(ベーシックアテンショントークン)
(9) OMG(オーエムジー)
(10) XTZ(テゾス)
(11) QTUM(クアンタム)
(12) ENJ( エンジンコイン)
(13) DOT(ポルカドット)
(14) ATOM(コスモス)
(15) XYM( シンボル)

<手数料>

販売所取引手数料 無料
取引所取引手数料 Maker -0.01%~Taker 0.05%
入金手数料 無料
出金手数料 無料

取引所4:DMM Bitcoin (DMM ビットコイン)

DMM.comのグループ会社である株式会社DMM Bitcoinが運営する仮想通貨取引所「DMM Bitcoin (DMM ビットコイン)は、手数料の安さや使いやすい取引ツールで人気です。

リップルを含め全12種類の仮想通貨を取り扱っており、リップルのFX(レバレッジ取引)にも対応しています。

さらに仮想通貨業界初の新機能「BitMatch注文」により、ミッド(仲値)価格で注文を成立させることで、スプレッドを気にせず売買できます。

<取り扱い通貨>

(1) BTC(ビットコイン)
(2) ETH(イーサリアム)
(3) BCH(ビットコインキャッシュ)
(4) LTC(ライトコイン)
(5) XRP(リップル)
(6) XEM(ネム)
(7) XLM(ステラルーメン)
(8) BAT(ベーシックアテンショントークン)
(9) QTUM(クアンタム)
(10) ETC(イーサリアムクラシック)
(11) MONA(モナコイン)
(12) OMG(オーエムジー)

<手数料>

販売所取引手数料 無料
取引所取引手数料 無料 ※BitMatch手数料を除く
入金手数料 無料
出金手数料 無料

取引所5:BITPoint (ビットポイント)

ビットポイント

リミックスポイント傘下の株式会社ビットポイントジャパンが運営する仮想通貨取引所「BITPoint (ビットポイント)」は、手数料の安さや初心者にも使いやすいスマホアプリで人気です。

2021年8月には日本初となるADA(エイダコイン)の取り扱いを開始しており、リップルを含め全8種類の仮想通貨を取り扱っています。

<取り扱い通貨>

(1) BTC(ビットコイン)
(2) ETH(イーサリアム)
(3) XRP(リップル)
(4) BCH(ビットコインキャッシュ)
(5) LTC(ライトコイン)
(6) BAT(ベーシックアテンショントークン)
(7) TRX(トロン)
(8) ADA(エイダコイン)

<手数料>

販売所取引手数料 無料
取引所取引手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

リップル(XRP)を現物取引で購入する方法・買い方

リップルの現物取引は、リップルを実際に購入したり売却したりする取引です。

リップルを取り扱っている仮想通貨取引所で購入することができ、現物取引の場合は手元にある資金以上のリップルは購入できません。

取引所には国内取引所と海外取引所がありますが、国内取引所は金融庁の定めるセキュリティ基準を遵守しており、日本語や日本円にも対応しているので、国内取引所を利用するのが良いでしょう。

またリップルを売買する場所として「販売所」と「取引所」があります。

販売所は、仮想通貨交換業者から仮想通貨を購入する場所で、あらかじめ決められた価格ですぐに購入できます。

取引所は、仮想通貨を所有するユーザ同士で仮想通貨を売買する場所で、希望する購入価格で注文を入れます。売買成立まで待つ必要はありますが、販売所よりも安く購入できる場合があります。

仮想通貨交換業者によっては、販売所と取引所両方の機能を備えている場合が少なくありません。

リップル(XRP)をFX・レバレッジ取引で購入する方法・買い方

リップルは、FX(レバレッジ取引)で購入することもできます。

FX(レバレッジ取引)は、現物取引のように実際にリップルを売買するのではなく、リップルを売買したと仮定して建玉(ポジション)を保有・決済して稼ぐという方法です。

手元資金を証拠金として取引所に預け入れる必要はあるものの、証拠金以上の金額で取引することで、資金にレバレッジをかけることができます。

たとえば10万円を証拠金として預け入れ、2倍のレバレッジをかければ20万円分の取引ができ、より大きく稼げる可能性があるのです。

さらにFXなら、先に「売り」からスタートする「空売り」という方法によって、リップルの価格が高いときに売却し、安くなったときに買い戻すことで稼ぐこともできます。

リップルのFX取引に対応している取引所であれば、リップルをFXで購入することができます。

先にご紹介した取引所では、GMOコインやDMM Bitcoin (DMM ビットコイン)なら、リップルのFX取引が可能です。

カジ旅ウェルカムオファー

リップル(XRP)を購入する際の注意点

リップルを購入する際に注意したいことは、基本的には他の仮想通貨を購入する場合と変わりません。

リップルは他の仮想通貨と同じように、24時間価格が変動しており、暴騰したり暴落することもあります。

価格変動の幅(ボラティリティ)が大きいことを理解し、もし大きな損失が生じても生活に影響が出ないよう、余剰資金で購入するのがよいでしょう。

また価格が暴騰しているときに購入するのは避けるなど、購入するタイミングにも注意しましょう。

さらに各取引所の手数料についてご説明したように、リップルを購入するときは手数料がかかる場合があります。

一見すると少額に見えても、取引が積み重なると手数料がかさむこともありますので、かかる手数料についてしっかりと把握しておくようにしましょう。

カジ旅でリップルを活用しよう!

もちろんオンラインカジノのカジ旅(casitabi)でも​​リップルによる入出金を受け付けていますよ。入金手数料・出金手数料は2回目まで無料です!

リップルを活用して、快適で便利なオンラインカジノライフを楽しんでみませんか?

カジ旅バナー

【仮想通貨おすすめ記事】

コメントを残す