Press "Enter" to skip to content

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の使い方・取引法を徹底解説

仮想通貨が投資・投機先として注目を浴びている昨今。ビットコインを所有していることが当たり前となりました。

驚くべきことに、アメリカ人口の17%もの人々がビットコインを所有しているというニュースが流れました。それほど、ビットコイン・仮想通貨・暗号資産を持っていることが珍しいことではなくなっている時代に突入したと言えるでしょう。

そこで、日本でもビットコインの流通が増えてきている中、具体的にビットコインをどう使えばいいか困っている方もいることでしょう。

そこで今回は、ビットコイン(Bitcoin/BTC)の使い方を中心に、取引方法やどこで使えばいいかなどを詳しく解説していています。

最後までお楽しみください。

カジ旅ウェルカムオファー

ビットコインの使い方

ビットコインの使い方

ビットコインの使い方で代表的なことを下記に記します。

・投資目的

・買い物

・公共料金の支払い

・募金/寄付

ひとつずつ具体的に解説していきましょう。

投資目的として使う

ビットコイン自体は、元々「投資先」として作られたわけではなく、どこの国にも依存しない世界共通に流通する通貨として誕生しました。

誕生から十数年、ビットコインは予想を上回る流通広がりを見せて、このままビットコインの価値は上がる!と考える人が増えたことから、自然と「投資先」の対象としてビットコインや仮想通貨の存在をみるようになりました。

現在は、ビットコイン所有者の大半が投資目的で所有しているとされています。

買い物する時の支払いで使う

ビットコインは、円の代わりに買い物の代金支払いとしても使うことができます。ビットコインをはじめとする仮想通貨は、円のように目に見える通貨ではありません。

クジレットカードもデビットカードもSUICAのようなICカードの電子決済も、全て見に見える現金ではないですよね??

その感覚と同じで、ビットコインをスマホのウォレットなどに入れておき、残高があれば、ビットコイン支払いが可能な場所で支払い決済通貨として使用すること可能です。

日本国内でも、ビットコインの普及でビットコイン支払いができる店舗もすごく増えてきています。

公共料金の支払いで使う

これができるようになってきたのはとっても便利!!

大手のビットコイン取引所では、電気会社やガス会社と提携しているところも多く、その提携サービスを利用すれば、公共料金の決済でビットコインが使うことができます。

ご自身が使っている取引所やビットコインウォレットによってどんな公共料金の支払いができるか異なるので、気になる方は登録しているビットコイン関連サービスに問い合わせしてみましょう!

募金・寄付で使う

ビットコインは、仮想通貨の中では一番信頼度のある通貨だけに、募金・寄付をはじめとする慈善活動としても活用することが可能になってきました。

世界で共通して使える通貨ということで、とても便利ですよね。両替の必要もなく、世界中で必要としている方々に資金援助をすることができます。

寄付する側も寄付を集める団体としても国際的な送金を必要としないため、安全で早く 取り組むことができます。

日本赤十字社もビットコインで寄付ができるサービスを開設していますので、気になる方は日本赤十字社の「Bitcoin Donations(ビットコインドネーションズ)」で検索をしてみてください。

ビットコインで決済

最初の章では、具体的なビットコインの使い方にはどんな種類があるのか知ることができましたね!

ここから先は、ビットコインで決済するとはどういう仕組みなのかを解説していきます。結論から申し上げると、ビットコインで決済する時には 「スマホにビットコインウォレット」を実装することが必要です。

そのスマホにビットコインウォレットをどのように実装していくのかをお話ししていきます。

ビットコインウォレットをスマホにダウンロード

まず、ビットコインを決済として使いたい場合、スマホにビットコインウォレットをダウンロードして、電子マネーのようなイメージで支払いをしていきます。

iPhone用もアンドロイド用もたくさんのビットコインウォレットを各社リリースしています。

無料で登録できるものも多いので、それぞれのアプリストアでどんなラインナップがあるのか調べてみてください。

ビットコインウォレットの選び方

・セキュリティーが万全なもの

・補償内容が充実している

・操作が簡単

上記をポイントにして選んでください。

スマホを使って電子決済をしたことある方はわかると思いますが、スマホを支払い端末にあてるとピピッと一瞬で支払いが完了しますよね?!

その感じでビットコインウォレットをスマホにダウンロードして、そこからQRコードを発行し、それを読み取ってもらうだけなので、簡単操作なのでもたつくことはないでしょう。

ビット コインの取引方法

ビット コインの取引方法

ビットコインを使うためには、ビットコインを手に入れないことには使うことができないですよね?

この章では、ビットコインをどうやって手に入れることができるのか、具体的な取引方法について紹介しておきます。

・仮想通貨取引所で直接購入する

・仮想通貨取引所でユーザー同士で交換という形で取引をする

現在は、この2択でビットコインを手に入れることができます。

具体的な特徴や違いについて解説していきます。

仮想通貨取引所で直接購入する方法

こちらの方法は、仮想通貨取引所で販売しているビットコインを円で購入するというとてもシンプルな方法です。

シンプルな分、少し手数料が高く設定されています。スプレッドと呼ばれる、売り値と買い値の幅が次の紹介するユーザー同士の交換より広い設定です。

ビットコインであれば、次に紹介する方法の方がスプレッドが狭いため、少しお得に手に入れることができるので、おすすめです。

仮想通貨取引所で交換取引で行う方法

同じ取引所に「販売所」と「取引所」が並びでサービスを行なっているので、間違いないように注意しましょう。

こちらの方法は、仮想通貨取引所の「取引所」サービスを使って、ユーザー同士が ビットコインを売買して、需要と共有で価格を決めていく方式となります。

いわば、株式取引と同じ形式です。こちらの方法の方が、売り値と買い値のスプレッドが狭いので、お得にビットコインを手に入れることができます。

カジ旅バナー

ビットコインで買えるもの

ビットコインで買えるもの

ビットコインで買い物の支払いができるというお話しをしました。では、実際にどんな買い物をビットコインですることができるのか、以下の事例をみてみましょう!

・車

・不動産

・航空券

・家電

ビットコインでの買い物:車

もはやビットコインで買えないものはないのではないでしょうか?!

電気自動車のテスラの社長でお馴染み、テスラ購入決済としてビットコイン使える?使えない?発言で世間を騒がせていますが、ビットコインで買える車はもはやテスラだけに止まりません。

すでに日本国内でもビットコイン決済が可能な新車・中古車販売があります。

ビットコインでの買い物:不動産

つい最近の日本国内ニュースで、ビットコイン決済を不動産取引で行えるようにしたという企業があり、とても話題になりました。

ビットコインで不動産を買う仕組み

「イエリーチBTC決済」というシステムになります。

①ビットコインで購入したい不動産を選択し、対応している不動産会社に連絡

②イエリーチBTC決済を使う

③ビットコインのアドレス(QRコード)が自動生成となり、それが送付される

④自分が使っているビットコインのウォレットから、「イエリーチBTC決済」が発行したアドレスまで送金を行う

⑤決済完了

なんという簡単な作業で不動産が購入できるのでしょうか?!結構驚きの進化ですよね!

ビットコインでの買い物:航空券

世界を股にかける、航空会社や旅行代理店の支払いとしてビットコイン決済が導入されるケースが増えています。

今まで航空券は、運用する会社が所属している国によって通貨が違うため、決済する通貨によってはそこに為替レートが発生して、今までは差異が生まれていました。

ビットコイン決済では、その為替レートや両替手数料がかかることなく決済が行えるので、航空券を買うときにはとても便利な方法となっています。

やはり、今後は「国際的なこと、モノ、サービス」にはビットコインで決済しよう!と、流れが主流になっていくのでしょう。

ビットコインでの買い物:家電

大手の家電量販店「ビックカメラ」がいち早くビットコイン決済をはじめたことから、ビットコインで何かものを買うという時には「家電がいい。」というイメージがついています。

日本の家電量販店の多くはポイント制度を導入しているため、ビットコインで決済してポイントも同時に貯めることができることから、お得に買い物ができる仕組みとなっています。

家電は身近なものであり、同時にちょっと高額買い物でもあるので、少しでもお得に買い物をしたいですよね?!

そんな時は、ビットコインで一気に家電の決済として使用するのも手かもしれませんね!

ビット コインでの支払い方法

実際に店舗に出向いた先で、ビットコイン決済をする際はスマホのウォレットをダウンロードする方法を紹介しましたが、そのほか、オンラインサービス等でスマホがなくても簡単決済できる方法があるので、ご紹介しておきます。

・QRコードを読み取る

・発行アドレスをコピペする

では、具体的にどんな方法なのか解説いたします。

QRコードを読み取る方法

これはビットコインでの支払い方法の中で、最も主流な方法です。決済したいオンラインサービスがあった場合、そのオンラインサービス側が発行するQRコードをこちらが読み取るだけという方法です。

これは、必ずしもスマホがなくてもPCでのQRコードが読みとることができれば、スマホでもPCでも使える支払い方法です。

発行アドレスをコピペする

こちらはPCを使って決済する時に特に便利な方法です。

PCではQRコードを読み取るアプリなどを実装していないこともありますよね。そんな時に便利な支払い方法として、発行される決済アドレスをコピペして、自分のウォレットにコピペすれば良いだけです。

QRコードを読み取る機能を立ち上げる必要がないので、PCで決済したい時にはこちらの支払い方法が簡単で推奨します。

ビットコインはどこで使える?

どんなものを購入できるかご紹介しましたが、ビットコインはモノを購入するだけに使えるだけではありません。

オンラインカジノのサービス利用としてもビットコインを用いることができます。

オンラインカジノ「カジ旅」ではビットコイン決済を含め、仮想通貨全4種での決済が可能となっています。ぜひ、お試しください。

カジ旅バナー

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の使い方・取引法を徹底解説【まとめ】

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の使い方・取引法を徹底解説をお届けいたしました。

いかがだったでしょうか?ビットコイン(Bitcoin/BTC)の使い方・取引方法を覚えて、進化していくこれからの時代、お得に便利な決済方法として使っていきましょう!

コメントを残す