Press "Enter" to skip to content

ビットコインウォレットを知ろう!種類や作り方・使い方解説

ビットコイン(BTC)のことはよく理解しているけど、ビットコインウォレットについてこれから知っていきたい!という方必見内容となっています。

ビットコインをはじめとする仮想通貨(暗号資産)の取引をする上で欠かせないのが、ウォレットの存在です。

ウォレットについて理解を深めることができると、今後ビットコインや他の仮想通貨(暗号通貨)の取引や取引所とのやり取り、仮想通貨口座の管理がとっても楽になります。

今回この記事では、そんなビットコインウォレットをテーマにお届けしていきます。

最後までお読み下さい♪

カジ旅バナー

ウォレット とは

ウォレット

この章では、ビットコインウォレットがどんなものなのか理解を深めていくために、次の点に絞って解説していきます。

・ビットコインウォレットとは

・ビットコインウォレットのメリット

・ビットコインウォレットのデメリット

上記の内容を抑えておくことで、ウォレットの必要性がわかります。

ビットコインウォレットとは

ビットコインウォレットとは、ビットコインが保管できるサービスの総称です。

セキュリティー付きの仮想通貨専用のお財布のようなものと考えてもらればわかりやすいですね。

ビットコインやイーサリアムなど、仮想通貨全般の送金する時にはシークレットキーというのが必要になります。そのシークレットキーを1つにまとめて保管ができるというシステムになります。

シークレットキーとは

秘密鍵とも呼ばれるシークレットキーとは何ぞやという話しをしておきます。

簡単に解説するとシークレットキーとは、通常のお金を銀行ATMで引き出す際などに使う暗証番号に相当する、仮想通貨を取引する上でのセキュリティシステムです。

シームレットキーのシステム内容は、一方は公開鍵暗号で使用するのに対して、もう一方は相手方に渡したり一般に公開せず、所有者が管理下に置いて秘匿する必要がある鍵となることです。

一方は公開、もう一方は暗号化した送信データになるということが特徴となります。

先に説明した鍵は公開して相手方が利用するため、公開鍵(public key)と呼ばれています。

ビットコインウォレットのメリット

ビットコインウォレットを使うメリットは、はやりセキュリティー面が強化されることです。

仮想通貨取引所でそのままウォレットに移すことなく保管することもできるので、その方が容易ではありますが、仮想通貨取引所本体には、常に不特定多数のユーザーの取引が発生し、いつも不正アクセスの危険が潜んでいます。

ビットコインウォレットに資産を移すことで、まだ完全ではないものの、自分の大事なビットコインを危険から退避することができます。

ビットコインウォレットのデメリット

・登録が必要

・慣れるまでに時間がかかる

デメリットは少しばかり手間がかかるだけと言った印象です。

ちょっとした手間をかけるだけで、大切なビットコインやその他の仮想通貨という自分の大事な資産を守れるなら、持っておくに越したことないでしょう。

ビットコインウォレットの種類

ビットコインウォレットの種類

仮想通貨のウォレットには、大きくわけて2つ種類があります。

▷ホットウォレット

コールドウォレット

熱いと冷たいの2種類とは一体どんな違いがあるのか?

ここの章では、この2つあるビットコインウォレットの種類について、解説していきます。

ホットウォレット

インターネットに接続するタイプのウォレットの呼び名となります。

ホットウォレットの中に、さらにまた3つの種類が存在します。

■ウェブウォレット

■モバイルウォレット

■デスクトップウォレット

それぞれの違いや特徴をさらに解説していきます。

ウェブウォレット

ウェブウォレットとは、パソコンからもスマホからもアクセス可能なサービスの呼び名になります。

特徴としては、複数端末からアクセスができることと登録方法が簡単です。そのため、一番多くの人に使用されています。

ビットコインウォレットを初めて使う初心者にもおすすめできるサービスです。ただ、便利な反面、IDとパスワードがわかればどこからでもアクセスできることから、セキュリティーレベルは今回ご紹介するウォレットの中では中級レベルでしょう。

こまめにパスワードを変えるなり工夫して、セキュリティーレベルを高めることが大切です。

モバイルウォレットとは

こちらはウェブウォレットと違って、スマホに特化したウォレットの呼び名です。

端末が限定されているので、カメラやQRコード読み取りができて、仮想通貨決済をする際、大変便利な作りとなっています。

スマホ認証機能などで本人認証ができるため、近年スマホ端末でのセキュリティーシステムは抜群に強くなっています。その観点からすると、安心できるウォレットです。

また、スマホに依存している分、端末が故障したり盗難にあってしまうとウォレットにアクセスできくなってしまうこともあるので、モバイルウォレット登録前に運営会社の規程をチェックし、そうなった時の補償内容を確認しておくことが大切です。

デスクトップウォレットとは

こちらはノートパソコンやデスクトップパソコンなど、PCに特化したウォレットの呼び名です。

PC本体にソフトウェアをインストールして使うことになります。一定の仮想取引所や企業に依存しないで保管できるため、自分で資産を守りたいという方に向いてるサービスです。

ただ、ご存知の通り、デスクトップはメール受信やURL開示する機会が一番多く、ウィイルスに感染する可能性がゼロではないため、その部分ではセキュリティー面では心配な要素が残ります。

ご自身のPCにインストールして保管するため、自己責任が問われるウォレットでもあるので、インストールするPCには必ずウィイルス対策を強化するようにしましょう!

コールドウォレット

先ほど紹介したホットウォレットの対義語となります。インターネットと分離されたところでビットコインなどを保管するウォレットの総称になります。

コールドウォレットはセキュリティーを一番に考える人におすすめです。インターネットから切り離されている場所で保管されているため、ハッキングなどのリスクは最小限と言えるでしょう。

ただ、決済に時間を要するので、「簡単・便利・早い」という仮想通貨の利点を生かしたい人は、ホットウォレットの方が合っているでしょう。

また、コールドウォレットにも2つの種類が存在します。

■ペーパーウォレット

■ブレインウォレット

こちらについても引き続き解説していきます。

ペーパーウォレットとは

ペーパーウォレットの特徴は、シークレットキーと公開鍵が紙や紙に代わる物体で保存されているウォレットの呼び名です。

ペーパーウォレットの場合、紙に書かれているビットコインアドレスに送信すればすぐに入金できるタイプなので、取り扱いは簡単です。

しかし、逆に出金する場合は、ブロックチェーンが取り扱えるPCにどちらにせよアクセスしたないといけないので、出金には手間がかかります。

ただ、保管時はインターネットと切り離されているところで保管されているので、セキュリティー面では安心度が高いです。

ブレインウォレットとは

名前そのものはカッコ良く感じますが、こちらのウォレットは仮想通貨ユーザーの脳内にシークレットキーとパスワードを暗記しておく方法の呼び名です。

何にも依存することがないので、セキュリティーレベルは一番高いと言えます。

ただ、自分の記憶頼りなので忘れてしまったら、一生その仮想通貨が引き出せないというリスクもあります。

ビットコイン ウォレットの 作り方

どのウォレットも、大手の仮想通貨取引所や仮想通貨を取り扱っている銀行、証券会社で登録することが可能です。

ホットウォレットだけではなく、コールドウォレットのペーパーウォレットも含めて取り扱っているとこもあるので、代表的な会社を挙げておきます。

気になる方は個別にチェックしてみて下さい。

・楽天銀行※

・楽天証券※

・ビットコイン

・ビットフライヤー

※楽天コインや楽天ウォレットなどで検索ください。

自らでウォレットをインストールするタイプは、ご自身でソフトウェアを買う必要があります。

仮想通貨ウォレットのソフトウェアが買える場所⇒ Amazon / 楽天 など

ビット コイン ウォレットの使い方

ビット コイン ウォレットの使い方

ビットコインウォレットの使い方は以下の通りです。

①登録をする

②ビットコインを入金する

③ビットコインを保管する

④ビットコインを出金する

⑤ビットコインを使う

ビットコインの使い道としてよく利用されているのが、「オンラインカジノ」です。

ウォレットからオンラインカジノへ簡単入金

ウォレットのシークレットキーと公開キーを使って簡単にオンラインカジノへ入金ができます。

銀行口座を介して取引するよりずっと時間短縮になると好評です。そのスピードたるや数秒〜数分といったところ。

これを気に仮想通貨ウォレットの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

カジ旅ウェルカムオファー

ビットコインウォレットを知ろう!種類や作り方・使い方解説【まとめ】

ビットコインウォレットを知ろう!種類や作り方・使い方解説をお届け致しました。

いかがだったでしょうか?当ブログではオンラインカジノの情報に加えて、仮想通貨やビットコインに関する記事をたくさん掲載していますので、良かったら他の記事もぜひご閲覧ください♪

コメントを残す